溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工に関する用語集 » プラスチック溶射

プラスチック溶射

プラスチック溶射とは

プラスチック溶射(plastic spraying)とは、ナイロン・ポリエチレン・エポキシなどの樹脂を材料にした溶射のことです。

1960年代後半からプラスチック溶射の研究や開発は行われてきましたが、材料の密着性が乏しかったり熱せられた樹脂材料が安定しなかったりで、長い期間進展がないままでした。しかし、1990年代に100℃以下でも融解し素材に密着できるプラスチック粉末が開発され、溶射装置も改良されたため、プラスチック溶射が用いられるようになりました。

プラスチック溶射で形成される皮膜は、耐水性・耐酸性・耐アルカリ性などに優れています。比較的簡単に厚い皮膜を作ることが可能なのもメリットです。一方デメリットは主に3つあります。

溶射業界においての用途・用法

プラスチック溶射は耐水性に優れ、酸やアルカリに強い効果があることから、汚水処理タンクの内面・海中ケーブル用中継器・電柱・水門などに使われています。ただし、コストが高いため、プラスチック溶射は今も一般的ではなく、用途は付加価値の高いものに限定されます。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る