溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 千葉旭工業株式会社

千葉旭工業株式会社

千葉旭工業株式会社の会社特徴

最高峰の技術を持った職人

千葉旭工業株式会社では、社会インフラにふさわしい耐久性を備える最高峰の技術を身につけた職人が多くいます。

千葉旭工業株式会社では厳しい環境下においても高い耐久性を発揮する重防食塗装・溶射加工など、お客さまのニーズに応じた防食加工を提供します。最高峰の技術を持った職人が、技術とノウハウを活かして活躍しています。

お客様のニーズを的確にとらえる

千葉旭工業株式会社は、創業から長年大手クライアントと取引を続けています。それは、課題となる点を的確に探し出し、提案、改善、反省を生かした最適なサービスを提供することで信頼関係を深めて可能としました。技術部門と密に連携を取りながらお客さまのニーズに沿って提案を行います。また、長年の取引データやノウハウも蓄積されているので、お客さまにあった溶射を行うことができます。

国内最大級の設備であらゆるニーズに対応

千葉旭工業株式会社のブラスト設備工場は国内トップクラスです。加工物の耐久性を高めるには、不純物が入り込まないことが必要不可欠となってきます。千葉旭工業株式会社で行う、ブラスト加工においては研削材を被加工物に圧縮空気で連続的に投射し、金属表面の不純物を完全除去することが可能です。

また、加工物の性質に合わせた素材を使用して、ステンレスやアルミといった非金属の加工も可能としてお客さまのニーズに応えます。国内最大級である工場では、陸上輸送可能な大型物件に対応し、高い設備力と技術力を提供しています。

千葉旭工業株式会社の取り扱う溶射技術

フレーム溶射

フレーム溶射は、酸素と燃料の燃焼炎を熱源とする溶射法です。

アーク溶射

アーク溶射とは、放電エネルギーにより2本のワイヤを溶融させる電気式溶射です。フレーム溶射に比べて溶射成膜量が大きく、溶射材料が高温のため、基材への密着性が優れていることが特徴です。電気が通る材料にのみアーク溶射が行えます。

肉盛溶射

摩耗により部品の修理や耐久性を高めるため、金属を追加で溶射することが肉盛り溶射といいます。

千葉旭工業株式会社の対応事例のある領域・マーケット

金属表面処理に関する加工全般(グリッドブラスト・ショットブラスト・サンドブラスト他)、重防食塗装・塗装全般・塗覆装加工全般、メタリコン加工(溶射)(アルミニウム/マグネシウム合金・亜鉛/アルミニウム合金・亜鉛・アルミニウム・他)

千葉旭工業株式会社の対応事例

船舶艤装品、空港滑走路、石油貯蔵施設、橋梁本体 溶射+封孔、高速道路スチール セグメント塗装、空港進入灯 アルミニウム溶射+重防食塗装、火力発電所LNG受入配管及び架台塗装、ガス管橋塗装施工

千葉旭工業株式会社の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る