溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » ホウムラ産業

ホウムラ産業

ホウムラ産業の会社特徴

3Dプリンター / 3D切削機による立体造形サービスを提供

ホウムラ産業は、3Dプリンター(3DsystemsProjet4500 / Projet660Pro)と3D切削機(モデラMODELA PRO MDX-540/540S)を駆使し、樹脂と石膏でフルカラー3D造形の製作や、3D切削機で3D立体加工の製作を行っています。

3Dプリンター(3DsystemsProjet4500 / Projet660Pro)

一般的な石膏と樹脂を使用し、フルカラー3D造形でより精巧な3Dプリントが可能。

3D切削機(モデラMODELA PRO MDX-540/540S)

外観デザインやパーツの試作加工、簡単な⾦型製作、⽣産治具の製作などの小ロット⽣産を切削⽅式にて提供。ケミカルウッド、ABSなどの樹脂からアルミ、真鍮といった軽⾦属までさまざまな素材で対応が可能。

溶射加工による機能皮膜の提供

溶射加工は、⾦属、セラミックなどの材料を素材に衝突させて被膜を作る技術で、材質を選ばず、さまざまな種類のものに加工が可能です。必要な部分だけや、広範囲の施工も可能で、各種機能を持つ⾦属、セラミック、合⾦が選択できます。

ホウムラ産業の溶射加工の特徴

ホウムラ産業は、アーク溶射を得意としており、ロールや板物などの専用機やブースを完備。外径Φ300程度、長さ4,000程度まで施工可能。また、その他ガス式溶射機なども完備。量産ワーク、単品加工など臨機応援に対応しています。

3Dプリンターを使用することよって、石膏樹脂を溶射加工で金属風にすることが可能。そして、これらを組み合わせて、美術品やレプリカなどアート作品の製作もできます。

マシニング長尺機械加工

武田機械インモーションセンターにて、長尺加工を行っています。アルミバー角材や板材を得意としており、X方向3,000mmまで対応可能。

ホウムラ産業の取り扱う溶射技術

アーク溶射

ホウムラ産業の対応事例のある領域・マーケット

ロール表面への滑り止め溶射加工

SUS系溶射

シャフト、テーブルなど肉盛り修正

鉄、SUSなど

塗装前処理

防錆処理⇒アルミ、亜鉛など

装飾目的

対象物⇒木、石膏、樹脂、金属など

ホウムラ産業の対応事例

Webサイトに記載がありませんでした。

ホウムラ産業の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る