溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 大阪ウェルディング工業

大阪ウェルディング工業

大阪ウェルディング工業の会社特徴

大阪ウェルディング工業は1962年創立で、米国ウォール・コルモノイ社の自溶合金処理技術を導入したのが始まりです。

現場思考型開発を重視

大阪ウェルディング工業では、「社員全員が常に問題・課題に対して改善しようという意識を持った上で、現場から出たアイデアを積極的に取り入れ、皆で共有して仕事効率を上げること」という考えのもと、日々の業務を改善し続けています。

信頼の和を広げ豊かな職場をつくろうの経営理念

大阪ウェルディング工業では、高いものづくりを実現するために充実した職場環境をつくろうという経営理念を掲げています。

①社会貢献度の高いものづくりを追求する

②顧客の満足を追求する(品質・スピード・コスト)

③利益を社員やグループに公平に配分することを追求する

④社員が幸せで安定した人生を築くことを追求する

⑤世界に会社を拡大することを追求する

大阪ウェルディング工業の取り扱う溶射技術

フューズドコーティングプロセス

皮膜が合金化し強固に溶着するのが特徴。ほとんどの機械的物理特性にすぐれた皮膜です。

プラズマフレームプロセス

主にセラミックコーティングに使用するプロセス。皮膜の特性は、主に摩擦係数が低いことと耐腐食性にすぐれていることの2点で、物理的衝撃が加わらない所に使用します。最高1万数千度の温度が出せるため、ほとんどの高融点材料は溶射可能。ただし、セラミックスは、皮膜がわれやすいので厚くはできません(MAX 0.3mmt)

ローカイドプロセス

主にセラミックコーティングに使用するプロセスのため、より緻密な皮膜を形成することができます。融点が1600~2500度と極めて高く、化学的耐性および耐食性が優秀で、どのような寸法および型にでも溶射可能。

HVOFプロセス(高速溶射)

プロセスは、クリーンで安全なうえ、信頼性の高い皮膜を形成することが可能。そのため、環境問題に関連して、クロームメッキに代わる技術として注目。

メタライジングプロセス

どんな金属でも溶射可能な点が特徴。低温下で行われ、母体の歪みや劣化を起こさないメリットがあります。

大阪ウェルディング工業の対応事例のある領域・マーケット

・石油化学・鉄鋼・金属・ガラス・セメント・石炭・ガス・エネルギー・建設機械・木材・製紙・プラスチック

大阪ウェルディング工業の対応事例

石油化学

ポンププランジャー・シャフト・スリーブ・インペラー・ライナー・ケーシングなど

鉄鋼・金属

ガイドロール、エントリーガイド、ミルガイド、ツイストロール、テーブルロールなど

ガラス・セメント

セラミック ガラス金型プランジャー・ガイドリング・合せ金型、セラミック押出スクリー

石炭・ガス・エネルギー

微粉炭吹込ノズル、水車ガイドベーン、石炭粉砕機の刃、石炭のガス化および液化装置部品、石油掘削装置部品、原発ポンプスリーブ、ボイラーチューブ、水力発電用水車超硬軸受け(φ700~1,000)

建設機械

遠心鋳造金型、ブレーカー油圧シリンダー

木材製紙、農機

チェーンソーガイドバー、バンドソーの刃、製紙カッターの刃、送りロール、段ロール、耕運機羽

プラスチック

押出機用二軸シリンダー・スクリュー・ニーディングディスク

大阪ウェルディング工業の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る