溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 第一高周波工業

第一高周波工業

第一高周波工業の会社特徴

創業から続く表面処理技術

第一高周波工業は、創業以来数多くの表面処理技術に取り組んでいます。防食用鋼管として粉体樹脂被覆(ライニング)工法の開発など独創的技術を切り開いてきました。現在では塗装、各種樹脂ライニング、コーティングなどの有機材料の被覆、高機能焼入れ、浸炭、各種溶射などの金属・セラミック被覆などの製品・サービスを提供しています。

第一高周波鋼業の「バイメット技術」

DHFがバイメット技術は、自溶合金皮膜の形成に必要なフュージング(再溶融)処理工程をIHで実施する技術で、非常に耐摩耗性と耐腐食性が優れた合金パイプができるという特徴があります。そのため、ボイラーの補修・メンテナンスによる稼働率低下を解消し、ライフサイクルコストの低減も可能にする製品の提供を可能にしています。

多岐にわたる産業に必要不可欠な「ロール」で豊富な実績と経験がある

製鉄・製紙・電子部品などの幅広い産業において、必要不可欠である「ロール」の製造・販売で、永年の実績と経験があります。適切な材料の選定から、高周波焼入れ、溶射、仕上加工までのプロセスを、一貫して社内で行えるため、安定した品質を提供可能。

第一高周波工業の取り扱う溶射技術

自溶性合金溶射

自溶性合金溶射は、Niをベースにした耐食、耐磨耗溶射材です。特に再溶融処理で高周波加熱処理することが特徴。品質および精度の高い製品です。

サーメット溶射

HVOF溶射ガンによる、緻密なサーメット皮膜を形成。特に溶射ロールとしてCrメッキに替わりWC-Co系の溶射が広く利用されています。

セラミック溶射

プラズマガンによるセラミック溶射。セラミックスの特性である耐摩耗と耐食性を有効利用した表面処理。耐熱性、非磁性、非電導性なども利用した表面コーティングに適しています。

金属溶射

第一高周波工業の対応事例のある領域・マーケット

・鉄鋼関連・製紙関連・環境関連(都市ゴミ清掃工場・バイオマス発電プラント・産業プラントなど)

第一高周波工業の対応事例

製鉄

シンクロール、 プロセスロール

環境

ゴミ焼却ボイラーチューブ、 炉壁パネル

第一高周波工業の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る