溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 日本コーティング工業株式会社

日本コーティング工業株式会社

日本コーティング工業株式会社の会社特徴

提案からアフターケアまで自社で一貫して行う

日本コーティング工業株式会社は、創業からこれまでに培ってきた実績と技術に自信を持っています。

高い技術を惜しみなく顧客に提供するために、外注を挟まずに提案から溶射、納品、アフターケアまですべて自社で一貫して提供している点が大きな特徴です。

さまざまな品種に少量から対応

少量の溶射加工は引き受けてもらえないのでは…と心配される企業が多い中、日本コーティング工業株式会社では少量・多品種の溶射加工を承っています。

加工の企画や提案も積極的に承っておりますので、溶射加工の知識がない企業も気軽に相談することができます。

付加価値の提案など柔軟な対応が可能

納品後のメンテナンスや、表面を磨いたうえで溶射加工を施すステップなど、より高い技術を提供するために独自の工程を取り入れています。

こうした付加価値の提案により、他社よりも耐久性に優れ、機械の寿命を伸ばす溶射加工を可能としています。

目的や素材に応じたさまざまな溶射加工が可能

溶射加工は、その目的や加工する素材によって工程が変わってきます。

例えば摩耗を防いで耐久性を高めることが目的なのか、電気絶縁が目的なのかによっても構成が変わってきます。

日本コーティング工業株式会社では、これまでに培ってきた豊富な実績をもとに、こうした目的や素材に合わせてもっとも最適な溶射加工を提供することが可能です。

製品に必要な加工工程がわからない場合も、自社で調査をしたうえで適切な工程を提案してくれるので、安心して任せられます。

日本コーティング工業株式会社の取り扱う溶射技術

公式サイトに記載がありませんでした。

日本コーティング工業株式会社の対応事例のある領域・マーケット

公式サイトに記載がありませんでした。

日本コーティング工業株式会社の対応事例

化学プラント

化学プラントはさまざまな過酷な条件の元で使用されているため、摩耗に困っている企業がとても多いです。

日本コーティング工業株式会社のセラミック溶射で耐久性を高めるとともに、エコロジーにも対応しています。

半導体・液晶

半導体や液晶製造における各部品の寿命を伸ばすために、日本コーティング工業株式会社のセラミック溶射が活躍しています。

自動車

1台の自動車を製造するうえで、何1000もの部品を使用します。

これらの部品にセラミック溶射加工を施すことで、部品の耐久性を高め、需要を伸ばすことが可能です。

飲料

飲料精算は大量生産が基本となるため、向上の部品の劣化が早いというリスクがあります。

日本コーティング工業株式会社のセラミック溶射加工を施すことで、各製造機械の耐久性を高め、保守と延命効果を発揮します。

日本コーティング工業株式会社の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る