溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » プラクスエア工学

プラクスエア工学

プラクスエア工学の会社特徴

世界におけるリーダー企業 プラクスエア工学

プラクスエア工学は、世界でも有名な産業ガス会社であるLinde plcの完全子会社。100年以上の歴史があり、12か国に及ぶ35以上の拠点において、2,500人の技術者、科学者、コーティング専門家を擁する世界的企業。プラクスエア工学の提供するサービスは、その技術力と品質で、圧倒的な競争力を持っており、航空産業をはじめとして、原子力、鉄鋼、石油化学およびエレクトロニクスなどといった、さまざまな分野で使用されています。

安全・品質・製造技術・技術革新で差別化を図る

安全性の差別化

高いクオリティの溶射技術を提供するため、安全を第一条件と考えています。また、安全な製品を顧客に届けるために、従業員にも安全に働く環境を与え、安全な工場を創ることが大切だと考えています。

製造技術の差別化

50年以上の長きに渡り、世界中のいろいろな産業の顧客から選ばれる信頼性が高く、高品質の溶射技術を提供。

新しい技術への挑戦で差別化

さまざまな顧客の課題に対し、技術的な提案を実行。課題をクリアしてきたプラクスエア工学の溶射技術。

品質の差別化

プラクスエア工学の品質は高く、世界中で一定のクオリティを確保しています。

サービスの差別化

プラクスエア工学は、世界中にあるサービス拠点によって、顧客が必要な時にいつでも対応できる体制を整えています。

プラクスエア工学の取り扱う溶射技術

・爆発溶射法

・Super D-Gun

・高速ガス溶射(HVOF)

・プラズマ溶射

・トライボメット™

・レーザープロセス

プラクスエア工学の対応事例のある領域・マーケット

・航空・宇宙・化学・プラスチック・発電プラント・電子・半導体・ガラス製造・製紙・段ボール製造・石油精製 (油田用含む)・鉄・非鉄

・印刷・塗工・繊維

プラクスエア工学の対応事例

航空・宇宙

プラクスエアの溶射技術は、耐摩耗・耐腐食・耐熱性に優れており、推進システム及び機体部品へのコーティングの供給会社として、幅広く認められています。そして、桶川工場はNadcapの認定や航空機メーカーの特殊工程認定を受けています。

機体関連

軸受け、制御システム、排気部品、降着装置、ナセル部品、推進システム、スラット・フラップトラック、車輪・制動部品

化学・プラスチック

プラクスエアのコーティングは石油化学の製造プロセスやプラスチック加工プロセスで生じる重大な摩耗問題を解決し、生産性向上ならびに機器の寿命を伸ばすことを可能にしております。

化学関連

ボールバルブ、コンプレッサーロッド、ピストンロッド、メカニカルシール、プランジャー、回転軸

プラスチック関連

冷却ロール、余熱ロール、加熱ロール、ガイドロール、Tダイ本体およびリップ、押出機・射出機のスクリューなど。

プラクスエア工学の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る