溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » プラズマ技研工業

プラズマ技研工業

プラズマ技研工業の会社特徴

プラズマ技研のコールドスプレー装置

粉末材料を溶融させずに、不活性ガスと共に超音速流で固相状態のまま基材に衝突させて皮膜を形成する技術です。他の溶射方法と違い、熱による材料の特性変化や皮膜の酸化を最小限にすることができます。皮膜は、酸化が少ない、非常に緻密である、電気伝導度が従来の溶射方法の2~4倍程度という特性があります。

徹底した品質管理を実践

プラズマ技研では、充実した各種検査・測定機器により、徹底した品質管理を行っています。

気流分給機の導入

他社ではあまり見かけることのない気流分級機を導入することにより、溶射パウダーの品質を溶射前に精製することができるため、溶射の品質を高くすることができます。

ロボットや専用ラインによる安定した品質

プラズマ技研の溶射は、技術者による手作業での溶射は行っておらず、全てプログラムによる溶射を行っています。

製品や溶射の種類によって、専用のラインなどを構築し、適宜ロボットを導入することで、人的ミスを最小限に抑え、安定した品質とコストの削減を図っています。

プラズマ技研のオープンラボ

大学、研究所、企業向けに、Cold Spray(コールドスプレー)装置を実際に体験できるオープンラボを開設。コールドスプレーシステムを完備し、分かりやすく、機能的なレイアウトを採用。専用のオペレータもいるので、安心です。・専任のオペレーターをお付けいたします。

プラズマ技研の取り扱う溶射技術

・プラズマ溶射・アーク溶射・高速フレーム溶射(HVOF)・デトネーション溶射・※コールドスプレー

※他の溶射方法と違い、熱による材料の特性変化、皮膜中の酸化を最小限にすることが可能です。基材に衝突させて皮膜を形成する技術です。

プラズマ技研対応事例のある領域・マーケット

・半導体分野・発電・産業用機械・宇宙関連

プラズマ技研の対応事例

・半導体製造装置、静電チャック、バッファーリング・オゾン発生装置ガラス電極オゾナイザー・発電用燃焼機ライナー・ロケットスカート・油圧ショベル用バケット周り摺動部品など

プラズマ技研の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る