溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 西野製作所

西野製作所

西野製作所の会社特徴

環境に配慮した新しいものづくり

西野製作所は、1971年創業。創業当初の一般産業機械部品の製作及び修理から時代の要請に応えるため、大型旋盤や大型五面加工機を導入するなど設備の充実を図りました。また再生加工技術にも応用される硬質クロムめっき・溶射・特殊溶接などの表面改質技術も順次導入し、技術の研鑽を行ってきました。

現在は自社工場内、機械加工から表面改質処理加工までの一貫した生産で、顧客も要望に応じた品質・価格・納期への対応が可能。西野製作所が提案するリユースや高機能化は、経済性や環境負荷の低減などで、トータルメリットを感じられるものです。

機械加工から表面処理まで一貫生産の品質管理

機械加工から表面処理まで、部門ごとにプロフェッショナルな技術集団を配置。加工や管理も自社で行うため、部門間の情報共有や技術の連携を円滑に進めることができ、総合的に品質管理を行っています。

一貫生産だから実現可能な短納期

全ての工程を自社工場にて行うため、時間とコストの削減ができます。また北海道以外からの受注も多く、日本全国から受注できる体制を構築しています。

西野製作所の取り扱う溶射技術

溶線式フレーム溶射(ワイヤー溶射)

どんな母材にも溶射できるのが特徴。

高速フレーム溶射(HVOF)

西野製作所は、TAFA製の高速フレーム溶射を使用。JP5000から噴射される高密度皮膜は、低気孔率で従来では考えられない緻密な皮膜と高い密着強度を実現。

自溶性合金溶射(高温溶射)

耐磨耗・耐衝撃・耐食性に優れているのが特徴。再溶融温度が高温のため歪みが発生するため、部品全体の加工代が必要。

セラミック(ローカイド)

セラミック溶射は通常4種類の溶射法のうち、西野製作所では溶線式フレーム溶射(ローカイド)方式を採用。この溶射法は、棒状に加工したセラミックロッドを燃焼ガスにより、溶融された粒子のみ基材に吹き付け、高密度、高密着の皮膜を形成。

西野製作所の対応溶射事例のある領域・マーケット

製鉄・製鋼・自動車製造関連・造船・石油精製・製紙・製糖・機械メーカー

西野製作所の対応事例

・古紙粕破砕機ローター

・インペラー

・スクリーン

・スクリュー

・ポンプ部品など

西野製作所の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る