溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 東北セラミック

東北セラミック

東北セラミックの会社特徴

セラミックのグリーン加工を得意とする企業

東北セラミックは、佐藤ホールディングス(佐藤製線グループ)の一員として、1982年に創業。中核事業は、各種エンジニアリングセラミクス製品の製造販売。セラミックス材料製品の用途開発(市場開拓)を主要な事業としながら、表面処理を含めたセラミックス以外の幅広い製品販売にも注力。自社研究開発・社内製造技術・技術営業の強化を図っています。

東北セラミックのグリーン加工とは

グリーン加工とはセラミックの成型体を焼結前(生材)の状態で加工を行うことです。

グリーン加工の特徴

セラミックスは、金属や樹脂などと異なりグリーン加工(生加工)を行い、素材を焼結前に切削加工でニア形状にすることが可能ですが、セラミックスの仕上加工は、ダイヤモンドによる研削加工が主流で、加工量や要求精度によって、コストや加工時間がかかります。

東北セラミックでは、グリーン加工(生加工)を行い、二次加工(仕上加工)量を減らすことにより、コストダウンを図っています。例えば一般公差の穴加工、大きな段や掘り込み、下穴加工、二次加工(仕上加工)を考慮した形状・寸法のものを作ることが可能で、切削加工と焼成時の収縮の利点を生かした細穴加工などもできます。

東北セラミックの溶射技術

摩耗対策

耐摩耗性を向上させ、長寿命化が可能。

熱対策

耐熱・断熱・遮熱等の特性を持たせる事が可能。

寸法復元

摩耗部や欠損部を再生させる事が出来ます。

腐食対策

腐食環境に合った材料で耐食性を持たせる事が出来ます。

溶射の特徴

・金属・セラミックスなど材料が豊富。

・広範囲な基材に溶射することが可能。

・加工物の寸法に制限が殆どありません。

・部品の必要範囲のみの加工ができる。

・基材に対し、熱影響による変化が生じない。

東北セラミックでは、基材の製作から表面処理まで一貫で製作できます。

東北セラミックの対応事例のある領域・マーケット

・プーリー

・ガイドローラー

東北セラミックの対応事例

SUS製品製作用治具

超硬溶射+研磨仕上げを実施。内径部に10°のテーパー部があり、ストレート部から段のつかないように研磨する点が困難ではあったが、耐摩耗性向上による長寿命化、交換工数削減に対応できる処理が完了いたしました。

東北セラミックの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る