溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » WS

WS

WSの会社特徴

内燃機の修理・加工を得意

創業以来、WSは内燃機修理と加工を専門に行っており、各種エンジンのオーバーホール、自動車、船舶、建設機械、分解、修理再生加工、組立、試運転まで行い完全再生を実現しています。顧客の要望に応じて、オーダーメイドの内燃機の加工やワンオフパーツの製作などにも対応。

長年培ってきた経験と技術力で対応

内燃機の構造は非常に複雑で動力源でもあるため、その修理と加工は、非常にデリケートで複雑です。自動車や船舶、建設機械などさまざまな用途があり、大きさもそれぞれ異なります。WSは、長年の実績と経験、それを支える技術力で対応しています。

特殊加工で調達が難しい部品も再生

修理が困難で、補修部品が製造中止になった古い年式の車・オートバイをはじめ外国製の手に入りにくい部品等も、WSが誇る匠たちによって、再生できる技術を持っています。各スペックの多様なニーズに応えるために、特殊かつ高精度な加工にも取り組んでいます。

他分野への技術の応用

内燃機関加工から養われたノウハウを他分野に応用すべく、建設用重機や産業機械、特殊車輛などの部品加工なども手掛けています。

(例)フォークリフト・クレーン・タイヤローダー・コンクリートミキサー・ストラドルキャリヤー・芝刈り機・ゴルフカート・ジェットコースター・ポケットバイク・鉄道車両・プレス機・ヘリコプター・灯台・風車など。

WSの取り扱う溶射技術

摩耗部分の強化

WSの技術実績は、長年培われた溶射加工技術が独自のノウハウとなり、現在では 各種プラントなどの大型モーターのシャフトをはじめポンプ、ベアリングなど様々な回転運動による磨耗が生じる 産業用機械部品に安定した加工を行っています。

WSの対応事例のある領域・マーケット

・各種プラントなどの大型モーターのシャフト

・産業用機械部品

WSの対応事例

・各種プラントなどの大型モーターのシャフト

・ポンプ、ベアリングなどあらゆる回転運動による磨耗が生じる 産業用機械部品

WSの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る