溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 埼玉雄和メタリコン

埼玉雄和メタリコン

埼玉県で半世紀もの長い経験を培ってきた埼玉雄和メタリコン。サービスや溶射施工の特徴を調査しました。

埼玉雄和メタリコンの特徴

溶射業界のサービスマンがコンセプト

1969年に創業した会社です。事業継続期間は半世紀以上。その間、金属のブラストと溶射に専業で向き合い続けてきたからこそ、技術力には信頼がおけます。この道40年のベテランから新人まで、社員の層が厚いチームで、その多くが実はサービス業の経験者です。そのため、埼玉雄和メタリコンは「溶射業界のサービスマン」をコンセプトに掲げ、迅速な対応など、サービス面にも力を入れている会社です。

出張・請負どちらにも対応可能

溶射材料は、亜鉛(Zn)、アルミ(Al)、亜鉛アルミ(Zn,Al)、アルミマグネシウム(Al,Mg)、錫(Sn)がメイン。希望によっては銅(Cu)なども対応可能です。要望をエンジニアがヒアリングした上で、丁寧に施工します。請負での施工がメインですが、出張工事にも対応可能。長い年月で広範囲の請負業務を遂行してきた会社なので、柔軟な対応力があります。生産促進や開発をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

埼玉雄和メタリコンの取り扱う
溶射技術

埼玉雄和メタリコンの取り扱う溶射技術に関する情報は、Webサイトでは見当たりませんでした。

埼玉雄和メタリコンの
対応事例のある領域・マーケット

埼玉雄和メタリコンの対応事例は掲載がありませんでした。公式サイトでは、金属や紙、布、木材などに対応できる旨の記載があります。金属製品はもちろん、美術工芸まで対応可能です。

埼玉雄和メタリコンの対応事例

埼玉雄和メタリコンの取り扱う溶射施工は対応事例がありませんでした。ブラスト処理の施工事例は、公式サイトにビフォーアフターの写真が多数掲載されています。ブラスト処理ではありますが、大きなタンクから小さな金属部品まで施工事例があるので、溶射加工についても一定のクオリティで対応してもらえるのではないでしょうか。

埼玉雄和メタリコンの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る