溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 三興防蝕

三興防蝕

三興防蝕の会社特徴

素材の表面を強化する様々な技術を提供

昭和38年の創業以来、各種設備や建造物の素材の表面を強化するための様々な技術を提供している会社。各種の照射技術の他、ブラスト剤を圧縮空気などで照射して対象物の表面を強化させる「ブラスト」、鋼構造物の防食性能を高めるための「重防食塗装」など、創業から培ってきた高度な技術により、表面処理の様々なニーズに対応しています。

「省資源に貢献する溶射技術」がモットー

これまで広く採用されてきた硬質クロムめっきと比較すると、柔軟なニーズに合わせられる被膜設計・表面処理、基材の寿命延長、メンテナンス費用の節減などに貢献する溶射技術。乾式法のため廃液処理の課題もなし。「省資源化に貢献する溶接技術」をモットーに、未来に向けた技術の開発・提供を行っています。

顧客からの幅広い要望に応える豊富な機材を完備

石油プラントや橋梁、各種設備等の幅広い要望に応えるため、社内には豊富な機材を完備しています。具体的には、溶射装置29台、ブラスト装置25台、エアレスと早期7代、長距離空気搬送機1台、簡易集塵装置1台など。溶射装置試験室にはエアーコンプレッサーや集じん機なども設置しています。

三興防蝕の取り扱う溶射技術

・防食溶射・金属溶射

三興防蝕の対応事例のある領域・マーケット

石油化学プラント、橋梁等のインフラ、高層建築物など

三興防蝕の対応事例

防食溶射

鉄よりも電位が低い金属(亜鉛、アルミニウム、アルミニウム・マグネシウム合金、亜鉛・アルミニウム合金など)に電気や燃焼エネルギーを加えて溶融(または半溶融)の状態にし、圧縮空気などを用いて微粒子化して吹き付ける溶射方法。

金属溶射

鉄橋などの損傷の過半数を占める腐食を防止するため、従来の溶融亜鉛めっきや塗装とは異なる各種の合金を用いた各種溶射のこと。腐食防止効果の他、耐摩耗性も高まる。プラズマアーク溶射は金属溶射の一種。

三興防蝕の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る