溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » エアロテック

エアロテック

エアロテックの会社特徴

溶射加工の専門業者

平成19年創業のエアロテックは、溶射に付随する業務を幅広く提供。前処理工程から溶射工程、後処理工程までを一貫して行っています。

業務内容

エアロテックの取り扱う溶射技術

プラズマ溶射

プラズマ溶射ガンで生じるプラズマジェットを用いて粉末溶射材料を加熱・加速し、溶融またはそれに近い状態にして母材に吹き付ける溶射方法。さまざまな耐摩耗・耐食・耐熱・肉盛など、さまざまな分野で応用が可能。(溶射材料)金属・金属合金・セラミックス・サーメット等

アーク溶射

2本のワイヤー状の溶射材料を電極としてアーク放電させ、それにより溶融した金属を圧縮空気で吹き付ける溶射方法。厚肉盛(3mm程度)が可能。機械部品の補修に適しています。(溶射材料)Ni-Cr・SUS420J2・アルミ・ALBC等

フレーム溶射

プロパン・アセチレンガスを燃焼させて、金属を吹き付ける溶射方法。防食に溶射に適しています。(溶射材料)アルミ・亜鉛・Ni-Cr等

自溶性合金溶射

Ni基、Co基、NiCr基の合金にB、Siを添加した自溶性合金を溶射材料として溶射後、材料の融点(980度)まで加熱することで、母材に溶着させる溶射方法。補修溶射はできません。耐摩耗性・耐衝撃性・耐腐食性に優れています。

高速フレーム(HVOF)溶射

酸素と燃料を燃焼させることにより生じる高速ジェットフレームで粉末溶射材料を溶融加速し母材に吹き付ける溶射方法。皮膜の硬度、緻密性に優れていて、密着力の大きい高品質な皮膜を形成。(溶射材料)WC系サーメット・Cr3C2系サーメット・自溶性合金 

エアロテックの対応事例のある領域・マーケット

・半導体放電電極溶射(プラズマセラミックス)

・送りローラー(L1500×60)(プラズマセラミックス)

・真空チャンバー部品溶射(プラズマセラミックス)・

・軸溶射(ALBC)

・スリーブ製作溶射(NiCr合金)

・熱電対保護管溶射(プラズマ金属)

・ポンプ軸溶射(13Cr)

・送りローラー溶射(プラズマサーメット)

・タブレットロール溶射補修(フレームステンレス鋼)

エアロテックの対応事例

現地溶射施工

ボイラーチューブ、攪拌タンク、バーナーノズル等

機械部品製作及び補修

ポンプ部品、キャプスタン、スクリュー、プランジャー等

溶射機製造販売

中国電力(株)、(独)大阪府立産業技術総合研究所、日本ピラー工業(株)

エアロテックの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る