溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 倉敷ボーリング機工

倉敷ボーリング機工

倉敷ボーリング機工の会社特徴

水島コンビナートを支えてきた会社

倉敷ボーリング機工は、水島コンビナートの救急病院からスタートしました。昼夜問わず、操業している世界屈指のコンビナートの顧客を、溶射技術を駆使して支えてきました。限られた時間の中で補修を行い、鉄鋼、石油精製、石油化学、繊維、発電などさまざまな分野のプラントが早期に復旧し、操業することに貢献。

先端技術への研究開発

2004年に「鴨方中央研究所」を設立。さらなる研究テーマの拡充や深耕のため、国際溶射会議(ITSC:International Thermal Spray Conference)をはじめとする国内外の学協会へも積極的に参加し、海外の技術動向や溶射以外の表面処理技術にも目を光らせています。そして、研究開発スタッフによる新規溶射皮膜設計により、信頼性の高い溶射皮膜の提供を実現しています。

抄紙機への溶射施工で国内有数の実績

倉敷ボーリング機工は、1990年にワインダードラムへのWC溶射皮膜を自社開発。そこを起点に、製紙機械用の新しい溶射皮膜を次から次へと生み出し、製紙業界の操業効率化とコスト削減の実現に貢献。さらに、近年ではフィルム製造機への溶射適用も進み、フィルムの品質を左右する延伸工程などで採用されています。

一貫体制で短納期と高品質を追求

倉敷ボーリング機工では、溶射だけでなく、その前後処理(ブラスト処理、切削、研削、等)までを一貫して行う体制。そのため、短納期・高品質を実現しています。また、13,000mm、重量50tまでの大型部材や複雑形状品の加工も対応可能。

倉敷ボーリング機工の取り扱う溶射技術

・溶線式フレーム溶射

・粉末式フレーム溶射

・高速フレーム溶射(HVOF)

・コールドスプレー

・アーク溶射

・大気プラズマ溶射(APS)

・減圧プラズマ溶射(LPS)

倉敷ボーリング機工の対応事例のある領域・マーケット

・製紙・フィルム関係・印刷関係・プラント関係・石油精製・石油化学関係・鉄鋼関係・繊維関係・造船関係・航空機関係

倉敷ボーリング機工の対応事例

パルプ製造(原質) 施工事例

・スクリーンWC溶射(耐摩耗性向上)

・ポンプ溶射(耐摩耗性向上、性能回復【溶接補修・クリアランス調整】)

・ピストンロッド・プランジャーロッド溶射(耐摩耗性向上)など

プラント関係 溶射・機械加工事例

・スリーブ、シャフト

・ピストンロッド

・ピニオンギア軸

・スチームタービン

倉敷ボーリング機工の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る