溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 吉川工業

吉川工業

吉川工業の会社特徴

鉄鋼分野で培った技術開発力とお役立ちの精神

吉川工業グループは、1920年官営八幡製鉄所のパートナーとして創業。製鉄分野で培った技術開発力と顧客のために役に立ちたいという精神をDNAとして、鉄鋼関連分野・エンジニアリング分野・表面処理分野・エレクトロニクス分野・ICT分野において、新たなサービスと付加価値を提供することに力を注いでいます。

幅広い表面処理技術を提供

土木・建設、プラント、航空機・自動車・船舶、機器製造、化学、鉄鋼、電力、フィルム製造、印刷装置、ゴム・プラスチック等、様々な産業分野において、表面処理のニーズはますます高まっています。吉川工業グループは、溶射・めっき・ゴムライニング・ファインセラミックス・バサルトを主体としたさまざまな表面処理技術によって、顧客ニーズにマッチしたソリューションを提供しています。

「お客様の声」が新製品開発の原点

吉川工業では、長年培ってきた独自技術と、顧客から届く声を合わせることで、次世代をリードしていく新商品の開発を行っています。顧客からの要求は、高速化・多様化しており、素早く対応し、先端のソリューションを提供し、高品質で信頼性の高い製品を創造しています。また、研究・開発段階から、環境に配慮した技術開発を心がけています。

吉川工業の取り扱う溶射技術

・フレーム溶射

・アーク溶射

・高速フレーム溶射

・プラズマ溶射

吉川工業の対応事例のある領域・マーケット

表面の性質を変える

・製鉄用搬送ロール 

・ポンププランジャー

・腐食環境の重機   

・腐食環境の配電盤など

・火力発電所向け部品

・出銑口部品    

表面の形状を変える

・油、水濡れの工場床

・スプライスプレート

・印刷機部品(圧胴ジャケット)

・新聞輪転機ガイドローラー

・トンネル型枠(ギフコート)

吉川工業の対応事例

ウェブサイトでは見当たりませんでした。

吉川工業の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る