溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工で付与できる機能・効果 » 耐衝撃性

耐衝撃性

製紙機械・印刷機械などの耐衝撃性を高めるための技術とは

耐衝撃性とは、外部から加えられた衝撃に対して、物質がどれだけ耐えられるかという耐久性のこと。耐衝撃性と硬度は反比例の関係にあるとされており、例えば金属であれば柔らかい素材ほど衝撃に強く、硬い金属ほど衝撃に弱いということになります。例えば、紙製造や印刷に使用される機械(主にロール面)において、耐衝撃密着性などの向上が求められています。

その対策として、溶射による耐衝撃皮膜の付与が有効な選択肢のひとつとして考えられます。耐衝撃皮膜とは、物体が衝突を何度も繰り返したり、力が集中する部分の耐衝撃性を高める皮膜のこと。耐衝撃皮膜を施すことで機材の強度がアップし、衝撃による破壊を防ぐ効果が期待できます。

製紙機械・印刷機械などの耐衝撃性を高めるための表面処理素材

表面処理によく使われる金属系やセラミック系のコーティング方法は、衝撃に対する強度が比較的低いという特徴があります。強い衝撃が想定されるのであれば、耐衝撃性に優れた溶射材料・コーティング方法選ぶ必要があります。 耐衝撃性が高い表面処理素材として挙げられるのは、ゴム素材・ウレタン素材、セラミックと金属を複合させたサーメット溶射材などがあります。

製紙機械・印刷機械などの耐衝撃性を高めるための溶射の種類

硬度だけでなく、潤滑性・耐摩耗性といったその他の性能を求める場合でも、耐衝撃性は考慮すべきポイントです。溶射材料の選定はもちろん、基材の性質なども踏まえて適した方法を選ぶことが重要と言えるでしょう。

高速フレーム溶射(HVOF・HVAF)

高速フレーム溶射とは、溶射ガン内でガスを燃焼させ、高温になった燃焼炎ジェット流の中に粉末溶射材料を供給。粉末溶射材料を溶融または半溶融状とし、音速を超えるスピードで連続噴射する溶射方法です。基材に対して高速で粒子が衝突するため、皮膜は緻密で密着度も高いのが特徴。WC-Cr3C2-Nなどのサーメット溶射材を使用することで、耐衝撃性はもちろん耐摩耗性・耐食性を付与することもできます。

ガスフレーム溶射

ガス燃料と酸素ガスによる燃焼フレーム内に溶射材料を供給し、溶融した材料を圧縮空気で吹き飛ばすことで皮膜を形成する方法。金属はもちろん、非金属や紙(条件あり)にも溶射できるのが特徴です。耐衝撃性を付与できる溶射材料として挙げられるのは、SFNi1(メテコ12C等)Ni基自溶合金1種。耐衝撃だけでなく、耐食や耐熱性にも優れています。また、セラミック溶射材料であるグレーアルミナも耐衝撃性・耐摩耗性が高く、各種機械部品などに用いられています。

参照元:
日本鋳造技術研究所HP(https://www.nittyu-ken.com/project/surface/tec4
大阪富士工業HP(http://thermalspray.ofic.co.jp/material/ceramic.html

PEEKコーティング

PEEKとは、ポリエーテルエーテルケトンという樹脂のこと。約200℃ という高温に耐える性質を持っており、さらに耐薬品性にも優れていることから、多様なジャンルで用いられているスーパーエンジニアリングプラスチックです。外部からの衝撃に耐える耐衝撃性、物質が劣化して壊れることに耐える粘り強さを指す靭性(じんせい)も備わっています。

このサイトでは、溶射加工について分かりやすい解説をはじめ、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る