溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工に関する用語集

溶射加工に関する用語集

線爆溶射

大容量の電気エネルギーを瞬間爆発させて行う溶射方法。パイプの内面溶射に使われています。

線爆溶射について詳しく見る

水プラズマ溶射

チェコスロバキアで開発された溶射方法。大口径のセラミックパイプなどを溶射する際に用いられています。

水プラズマ溶射について
詳しく見る

レーザー溶射

炭酸ガスやYAGなどによる高出力レーザーを用いた溶射方法。制御しやすいが溶射装置は高価です。

レーザー溶射について詳しく見る

金属溶射

金属を材料にした溶射のこと。耐食性を高めたり肉盛して修復加工したりするために使われます。

金属溶射について詳しく見る

亜鉛溶射

亜鉛を材料にした溶射のこと。防食・防錆の効果があり屋外構造物などに使われますが、塩水に弱いという特徴があります。

亜鉛溶射について詳しく見る

アルミニウム溶射

アルミニウムを材料にした溶射のこと。防食効果があるものの、電気的作用を受けやすいという特徴があります。

アルミニウム溶射について
詳しく見る

亜鉛・アルミニウム合金溶射

亜鉛とアルミニウムを混合した合金を材料にした溶射のこと。塩水や電気といった亜鉛・アルミニウムの単一材料の欠点を克服しています。

亜鉛・アルミニウム合金溶射に
ついて
詳しく見る

自溶合金溶射

ニッケル基やコバルト基に少量のボロンやシリコンを含有させた合金を材料にした溶射。溶射後皮膜にフュージング処理を行ってより硬度を高めます。

自溶合金溶射について詳しく見る

セラミック溶射

セラミックを材料にした溶射のこと。セラミックの種類によって耐摩耗・耐熱・電気絶縁特性などを持つ硬い皮膜を形成できます。

セラミック溶射について
詳しく見る

ガラス溶射

ガラスを材料にした溶射のこと。金属素材に電気絶縁や防錆といった効果を付与できます。

ガラス溶射について詳しく見る

サーメット溶射

セラミックと金属の混合材であるサーメットを材料とした溶射のこと。電気絶縁性や耐熱性が高い皮膜を形成できます。

サーメット溶射について
詳しく見る

プラスチック溶射

プラスチックを材料にした溶射のこと。耐水性・耐薬品性のある皮膜を形成できます。

プラスチック溶射について
詳しく見る

溶射皮膜

溶射皮膜とは、溶射によって形成されたコーティング膜のこと。用いる材料によってさまざまな特性の皮膜が形成されます。

溶射皮膜について詳しく見る

表面硬さ

表面硬さは、溶射によって得られた皮膜の硬さのこと。硬度が高いと耐摩耗でメリットが大きいが、柔らかいと機械加工しやすくなります。

表面硬さについて詳しく見る

アンダーコート(下地溶射被膜)

溶射の前に材料粒子の密着力を高めるために行われる下処理のこと。素材を粗くしたり厚みを持たせたりします。

アンダーコート(下地溶射被膜)に
ついて
詳しく見る

複合皮膜

溶射時に複数の材料を組み合わせて形成された皮膜のこと。異材料同士を均一に混合して密着させるように加工を行います。

複合皮膜について詳しく見る

合金層

合金層とは、自溶合金溶射でフュージング処理されたあと形成される皮膜のこと。密着力が高く無気孔で均一な層です。

合金層について詳しく見る

残留応力

溶射では「引張応力」と「圧縮応力」という2種類の残留応力がかかり、素材に影響を与えています。

残留応力について詳しく見る

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る