溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射の種類 » サスペンション溶射

サスペンション溶射

サスペンション溶射のプロセス

サスペンション溶射は、粉末材料を水・エタノールなどの溶媒に分散させ皮膜を形成するコーティング法です。他の溶射法と違い、サスペンション(懸濁液)を用いることが大きな特徴。新しい溶射法ですが、注意点がいくつかあるので利用する際はチェックしましょう。

溶射材料にサスペンション(懸濁液)を用います。このため従来の溶射法よりも微細な粉末材料を溶媒に分散させ、緻密な溶射皮膜を形成することができます。

サスペンション溶射は、数ある溶射法の中でも新しい技術になります。原理はプラズマ溶射を応用したものですが、従来では出来なかった微粉末(1μm前後)の材料を、プラズマフレームに投入し溶射皮膜を形成することが可能。

注意点は懸濁液の粘度。一般に粒子径が小さいほど溶射皮膜は緻密になりますが、一方で流動性が低下するため安定した溶射施工が困難になります。安定供給を行なうためには粘度の抑制が必要不可欠。媒体・粒子径・粒子濃度・分散性とのバランスを加味しながら減粘剤の選定・最適化が必要です。

また、懸濁液中の微細な粒子は沈殿・凝集してしまいます。これを抑制し均一に分散させる目的で『ぬれ性(初期分散性)』,『解きほぐし性』,『安定性(再分散性)』を考慮することが必要になります。

溶媒は水やアルコール、エタノール。水は保管・運搬が容易であり、安全性・作業性に優れているといったメリットがあります。デメリットとして、蒸発しにくく冷却作用により溶射フレーム温度が低下しやすいという特徴があります。

アルコールとエタノールは、蒸発しやすく溶射フレーム温度は低下しにくいけれど、危険物として安全性・作業性を考慮した取扱いが必要となります。溶媒と粒子の組み合わせにより、多様なコーティングを施すことが可能です。

コーティングは適した素材と方法を選ぶことにより、皮膜形成の力が変わってきます。これまで通常の溶射で対応できなかった部位でも、サスペンション溶射法を用いることにより、丈夫で耐久性の高い皮膜を作ることができるでしょう。

サスペンション溶射の特徴

サスペンション溶射の特徴には以下のようなものがあります。

サスペンション溶射の実施例

サスペンション溶射の実施例は見つかりませんでした。

このサイトでは、各溶射プロセスの特徴ほか、溶射加工で付加できる機能・効果も解説。さらに、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る