溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » ダイクレ興産株式会社

ダイクレ興産株式会社

ダイクレ興産株式会社の会社特徴

70年以上の歴史がある会社

ダイクレ興産株式会社の始まりは、昭和26年5月に設立された大呉興産株式会社です。昭和44年5月に株式会社ダイクレに社名変更したのち、昭和55年にダイクレ興産株式会社として独立しました。

ちなみに、平成12年11月には日本溶射工業会、防食溶射協同組合に入会しています。ダイクレ興産株式会社には、大呉興産株式会社設立から70年以上、独立してから40年以上の歴史があります。

金属溶射など幅広い事業を展開

ダイクレ興産株式会社は、金属表面処理に関連する幅広い事業を展開しています。代表的な事業としてあげられるのが金属溶射です。金属溶射以外にも、溶解亜鉛めっき加工、粉体塗装、フッ素塗装、セラミック塗装などを展開しています。

金属表面処理に関連する専門的な技術を有している企業といえるでしょう。

呉市内で2つの工場を操業

広島県内にある2つの工場で、金属表面処理などを行っています。工場があるのは、呉市警固屋と呉市昭和町です。警固屋工場では金属溶射・塗装・粉体塗装・ブラスト・ZRC、昭和町のめっき事業所では溶解亜鉛めっきを行っています。

警固屋工場が操業を開始したのは昭和48年、めっき事業所が操業を開始したのは平成元年です。めっき事業所のほうが新しいですが、建物そのものは明治36年に建設されています。

歴史のある英国風レンガ造りの建物とハイテク技術を組み合わせて溶解亜鉛めっきを行っている点も、ダイクレ興産株式会社の特徴といえます。

金属溶射の施工実績が豊富

ダイクレ興産株式会社は、溶射作業の自動化を図ることで精度と生産性を高めています。また、山間部では亜鉛、沿海部ではアルミニウム・マグネシウム合金を溶射材料に勧めるなど、対応力の高さも光ります。

これらの点が評価されて、自治体の工事を中心に、さまざまな施工実績を積み上げています。

ダイクレ興産株式会社の取り扱う溶射技術

ダイクレ興産株式会社では、アーク溶射とガス溶射を用いて施工しています。アーク溶射は電気を熱源に用いる溶射技術、ガス溶射はガスを熱源に用いる溶射技術です。いずれもJIS規格に基づき施工しています。

ダイクレ興産株式会社の対応事例のある領域・マーケット

ダイクレ興産株式会社の対応事例

亜鉛・アルミニウム溶射の施工事例

アルミニウム溶射の施工事例

亜鉛・アルミニウム溶射の施工事例

ダイクレ興産株式会社の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る