溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 大阪富士工業

大阪富士工業

大阪富士工業の会社特徴

幅広い産業分野で活躍する大阪富士の溶射技術

大阪富士工業は、長年にわたり培ってきた豊富な経験と技術によって、溶射材料・溶射方法から被溶射物の選定、さらにその用途や必要とされる機能などのさまざまな条件を考慮したうえで、適切だと思われる溶射方法を提案。そして、ロボットによる自動化や現地溶射用プラズマ溶射装置などの機器を活用することにより、溶射技術のリーディングカンパニーとして、積極的に事業活動と技術開発を行っています。

高度な技術力と柔軟な発想力、安定した品質力

大阪富士工業は、創立以来「鉄」を核に、ものづくりを支え、時代ごとに要求される高度な技術力とそれを可能にする柔軟な発想力、安定した製品を供給し続ける品質力を50年以上にわたり、地道に積み上げてきた会社です。

大手企業との取引実績

昭和30年創業の大阪富士工業は、2020年度の売上実績223億円。取引先には、日本製鉄株式会社、JFEスチール株式会社、株式会社神戸製鋼所、三菱重工業株式会社、株式会社クボタなどがあります。

大阪富士工業の取り扱う溶射技術

・水プラズマ溶射

・ガスプラズマ溶射

・高速フレーム溶射

・アーク溶射

・フレーム溶射

大阪富士工業の対応事例のある領域・マーケット

・半導体・IT分野・製紙・繊維・フィルム分野・製鉄分野・航空宇宙分野・発電所分野・化学・薬品分野・建設分野

大阪富士工業の対応事例

製紙用ロール(耐衝撃溶射)

製紙用ロール(キャレンダーロール)は、断紙や異物を挟み込んだ際に大きな衝撃があります。その対策として耐衝撃性皮膜を成膜させます。

形状復元・厚盛

金属溶射を施すことにより、磨り減ったジャーナル部に肉盛し寸法を復元します。溶射後に研磨加工を施すことにより、新品と同様の状態に戻すことができます。

コークス炉上昇管(耐腐食・耐磨耗溶射)

コークス炉で使用されている上昇管は、Cガス雰囲気及び硫黄により腐食・磨耗が発生します。その対策として耐腐食・耐磨耗皮膜を成膜させます。

ボイラ蒸発管(耐高温腐食溶射)

発電所のボイラ内の蒸発管は高温腐食環境にあります。NiCr系合金等を溶射し、耐高温腐食皮膜を形成させることで、長寿命化を図ります。

大阪富士工業の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る