溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 日鉄ハードフェイシング

日鉄ハードフェイシング

日鉄ハードフェイシングの会社特徴

日本製鉄グループにおけるの表面改質メーカー

日鉄ハードフェイシング株式会社は、1960年、ハードフェイシング(表面硬化)技術を原点に、八幡製鉄所(現 日本製鉄株式会社)構内で誕生。溶接や溶射の材料開発をはじめ、施工技術をコアにして、鉄鋼業向け等のロール(圧延ロールを除く)や周辺機器の耐久性を高めています。

高い専門性をもつ技術で金属表面改質のパイオニア的存在

日鉄住金ハードフェイシングは、原材料の開発から仕上げ加工までを一貫して行う総合技術開発力を武器に、顧客ニーズ(耐腐食、摺動性、耐剥離、耐折損、等)にマッチした豊富な商品メニューを開発した実績があります。溶接と溶射の2つの技術で金属表面改質のパイオニア的存在として躍進しています。

顧客ニーズに対応するための研究開発

日鉄ハードフェイシングでは、技術開発部門にて、新しい研究開発機器を駆使し、溶接・溶射技術を中心とした研究開発を行っています。また、顧客の要望に応えるために、独自の材料を開発。溶接・溶射方法についても、よりよい方法を選定しています。

さらに、より高いレベルのニーズにも対応すべく、大手鉄鋼会社や近隣大学と産学共同での研究開発も行っています。

日鉄ハードフェイシングの取り扱う溶射技術

・高速ガス溶射・自溶合金溶射・大気式プラズマ溶射・溶線式アーク溶射

日鉄ハードフェイシングの対応事例のある領域・マーケット

鉄鋼業向け

日鉄ハードフェイシングの対応事例

高速ガス溶射(HVOF)

主な適用製品

<鉄鋼業向け>

・CGL浴中ロール・CGL、CAPL他各種プロセスロール・ブライドルロール・ステアリングロール・デフレクターロール・CGL、CAPL他ハースロール・集塵機ファン・ボイラーチューブ・スクラバーブラシバックアップロール

自溶合金溶射(SFA)

主な適用製品

<鉄鋼業向け>

・熱延ダウンコイラーロール・ランナウトテーブルロール・酸洗ライン各種ロール・スクラバーブラシバックアップロール・各種溶融金属浴向け部品

大気式プラズマ溶射(APS)

主な適用製品

<鉄鋼業向け>・CGL浴中ロール・CGL、CAPL他ハースロール

溶線式アーク溶射

主な適用製品

<鉄鋼業向け>・プーリー軸・集塵機ファン・ボイラーチューブ・耐食性部位(水管内面など)

日鉄ハードフェイシングの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る