溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » レイホー製作所

レイホー製作所

レイホー製作所の会社特徴

黒鉛(カーボングラファイト)製品の加工・製造・販売を行う会社

レイホー製作所は、半導体をはじめ、冶金・非鉄金属の製造装置や、電気・機械設備・自動車・燃料電池などの部品、ガラス加工・航空宇宙産業・産業製品など、多岐にわたる分野で黒鉛(カーボングラファイト)製品の加工、製造、販売を行っています。

カーボン製品の表面改質

「溶射」はカーボン製品を酸化から防ぎ長寿命化をはかれる表面改質技術です。また、カーボンには通電性がありますが、絶縁材の溶射により、電気を通さなくしたり、カーボン製品から発生するカーボン粉の飛散防止や防塵対策も可能です。

柔軟な生産体制

近年の積極的な設備投資により、小ロット・多品種から大量生産まで、高いコストパフォーマンスで、柔軟に対応する生産体制を構築しています。

レイホー製作所の取り扱う溶射技術

カーボンへ行う溶射材料は主にセラミック材料です。カーボンへ下記の材料の溶射をすることにより、セラミックの持つ特性をカーボンに付加することが出来ます。

プラズマ溶射処理設備を用いて吹き付ける材料

アルミナ(Al2O3)

耐食・耐磨耗性を添加して800℃程度までの高温工業用部材に使用。

グレーアルミナ(Al2O3-3TiO2)

耐衝撃・耐磨耗性を添加して耐工ロージョン性良好、各種機械部品に使用。

アルミナーチタニア(Al2O3-13 TiO2)

耐磨耗・緻密性を添加して、繊維部品、ポンプ部品等の摺動耐磨耗部品に使用。

ムライト(Al2O3-SiO2)

耐酸化・耐熱衝撃性を添加して、加熱炉部品、溶融金属接触部品に使用。

ジルコニア(ZrO2)

遮熱・断熱性を添加して、エンジン部材、燃料電池部材に使用。

上記以外にも、ジルコン(ZrO2-SiO2)、酸化クロム・クロミア(Cr2O3)、TiN、B4C、MoB2、ZrN、ZrC、TiB2、ZrB2等があります。これらは酸化物系セラミックよりも高融点なセラミックで溶射も可能。

ガスフレーム溶射・各種フレーム溶射設備を用いて吹き付ける材料

・アルミナ(Al203)

・ジルコニア(ZrO2)

・ジルコン(ZrO2-Si02)

レイホー製作所の対応事例のある領域・マーケット

ダイヤモンド・超硬工具・工業炉・熱処理・冶金・非鉄鋳造・放電加工用電極・ポンプ・軸受・電子部品・半導体・太陽電池ガラス鋳型・自動車航空宇宙エネルギー・光ファイバー

※溶射加工に限らず、レイホー製作所が対応しているマーケット

レイホー製作所の対応事例

Webサイトには、溶射加工単独での事例は見当たりませんでした。

レイホー製作所の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る