溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 関西技研

関西技研

関西技研の会社特徴

フッ素樹脂コーティング(テフロン加工)を中心

関西技研は、フッ素樹脂コーティング(テフロン加工)をはじめとして、その他金属の表面処理加工を得意とする企業。溶射加工やセラミックコート、ブラスト加工などの表面処理加工を低コスト、短納期、高品質なコーティング技術で、産業用途や家庭用途など幅広く提供しており、基材1個からの加工にも対応しています。

関西技研の溶射加工とは

溶射は、溶射材(金属、セラミックス等)を加熱して、溶融またはそれに近い状態にし、基材に吹き付け被膜を形成する表面処理の一種ですが、関西技研では、アーク溶射を行うことによって、フッ素樹脂コーティングやセラミックコーティングを行う前処理として施工。フッ素樹脂コーティング、セラミックコーティングの耐摩耗性をさらに上げることが可能。

関西技研の取り扱う溶射技術

アーク溶射

連続的に送給される2本の溶射材料(金属線材)の先端で直流アーク放電させ、溶融した金属を空気ジェットで吹き飛ばす溶射法で、関西技研では、フッ素樹脂コーティングやセラミックコートの耐久性をより高めるために溶射を行っています。

関西技研の対応事例のある領域・マーケット

食品工業

食品の貯蔵容器、製パン及び製菓関係の製造工程、砂糖及び食品の自動包装機械、農水産物の加工機、醸造用諸装置などに利用。

化学工業

交換機、混合機、機械部品や装置、薬品輸送車、パイプ、タンクなどに利用。

繊維、製紙工業

乾燥用ドラム、サイジングロール、製紙・製織用ロール、各種ガイドロール、製本・印刷用装置、糊付け用ロールなどに利用。

工業用部品

工業部品への応用は多岐にわたっており、その大きさも、直径100分の1インチ長さ1インチ程度のものから、回転式送風機のような、重さ1トンを超える重量物にいたるまで、広く利用。

※フッ素樹脂コーティングの利用として掲載されています。

関西技研の対応事例

ホグシ(溶射+フッ素樹脂加工)

顧客からの「摩耗が激しく加工が長持ちしない。離形もよく、摩耗にも強いコーティングをしてほしい。」の要望に対して、フッ素樹脂毎

に膜厚や硬さはほぼ決まっていることから、膜厚をあつくし、硬さを作るために溶射加工を提案。溶射加工によって、厚い被膜が形成さ

れ、その上にフッ素樹脂コーティングをすることで、摩耗にも強く、また離形もある加工を実現。

関西技研の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る