溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射の種類 » コールドスプレー

コールドスプレー

コールドスプレーのプロセス

熱を使わない溶射技術であるコールドスプレー。一般的な溶射は素材を溶融加熱してコーティングしますが、コールドスプレーは熱することなく低温の高速作動ガスにより皮膜を作ります。熱による材料の変化がなく、皮膜の酸化を抑えられる方法です。

コールドスプレー法は、低温の高速作動ガスにより加速することが大きな特徴。主に金属の微粒子を超高速で基材へ衝突させて大気中で成膜する表面処理技術です。従来の各種溶射法と比べ、粒子温度が低く熱による材料の特性変化が少ないコーティングで、高い付着率により厚膜が可能です。

コールドスプレーは、材料本来が持つ特性に極めて近い皮膜を作る稀有なコーティング。加熱する溶射を利用できない場合は、低温のコールドスプレーが適しています。

利用できる素材は,純チタン・チタン合金7), 純アルミ・アルミ合金8),純銅・銅合金9),炭素鋼10),ステンレス鋼11),耐熱鋼12)等。純アルミニウムや純銅等の軟らかい金属は付着が比較的容易で厚い皮膜の形成が可能です。

コールドスプレー法の持つ種々の特徴により、銅フランジ、スパッタリングターゲット、超伝導モーター、ガスタービン、電池など、これまでコーティングが難しかった部分の利用も検討されています。ただ、コールドスプレーは比較的新しい技術のため、コールドスプレーに適した新規粉末材料の開発が不可欠となっています。

コールドスプレーの特徴

コールドスプレーの特徴には以下のようなものがあります。

コールドスプレーの実施例

Cu皮膜

アルミ基材へCuを約15mm成膜させ、旋盤加工したものなど

参照元:シンコーメタリコンHP(https://www.shinco-metalicon.co.jp/spraying/cold.html

Ni皮膜

アルミ基材へNiを成膜

参照元:シンコーメタリコンHP(https://www.shinco-metalicon.co.jp/spraying/cold.html

WC皮膜

WCサーメット皮膜の成膜に成功。
皮膜内に若干の欠陥はあるが、ほとんど無気孔な皮膜であり、 ビッカーズ硬さは1,500HV0.3以上。

参照元:シンコーメタリコンHP(https://www.shinco-metalicon.co.jp/spraying/cold.html

このサイトでは、各溶射プロセスの特徴ほか、溶射加工で付加できる機能・効果も解説。さらに、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る