溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 光栄テクノシステム

光栄テクノシステム

光栄テクノシステム の会社特徴

機械の「病院」

光栄テクノシステムは、産業機械や装置部品の病院として、耐摩耗、耐熱、防蝕による長寿命化、高品質化に取り組んでいます。

技術革新への挑戦

光栄テクノシステムでは溶射材料の開発・製造から溶射加工、切削、研削による仕上加工、動バランス調整まで一貫体制で行っています。

会社の理念は「物を大切にする」

光栄テクノシステムは、もったいないという心を持って、「物を大切にする」ことを会社の理念にしています。「物の命を長くする」ことと「物の機能を活かす」ことを考え、省資源、省エネルギーによる高効率、高付加価値を生み出すことを目指しています。

光栄テクノシステム の取り扱う溶射技術

HVOF(高速フレーム)溶射

高速フレーム溶射で得られる皮膜は、同一の溶射材料を用いた他の溶射皮膜と比較して高密度、高付着力、高硬度になります。WC系サーメット材料を用いた耐摩耗溶射に広く利用。

溶線式フレーム溶射

溶射材料として亜鉛、アルミニウムのような低融点材料から炭素鋼、ステンレス鋼、モリブデンに至るまで線状に加工できる金属材料は溶射ができる。線状化が難しいセラミックスやサーメット材料はフレキシブルチューブに充填して溶射されます。

・溶射装置が可搬で現地施行できる。

・基材温度を上げることなく施行できる。

・溶射皮膜の厚さを広い範囲(0.1~10mm)で選択できるなどの特徴があります。

溶棒式フレーム溶射

酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、酸化クロムなど酸化セラミックスが溶射される。完全に溶融された材料だけが溶射されるため、溶射皮膜は未溶融粒子を含まず粒子間の結合力が高いため、比較的靱性に富んだ皮膜がえられます。

粉末式フレーム溶射

ほとんどの金属、合金、サーメットが溶射できますが、一般的には溶射後に再溶融処理をする自溶合金溶射、ニッケルグラファイトなどのアブレイダブル溶射、またはプラスチック溶射に広く利用。溶射ガンが軽量で取り扱いが容易であること、溶射効率が比較的高いこと、騒音が少ないなどの特徴があります。

アーク溶射

基材への密着性に優れていることなどの特徴。ワイヤは電極となるので溶射材料は電気伝導性の材料に限られます。

プラズマ溶射

高融点の金属、サーメット、セラミックスをはじめ、ほとんどの材料を溶射することが可能。また、発生条件によりプラズマジェットの温度を選択できるので、材料選択の自由度が大きく、基材と溶射皮膜の密着性が高いなどの特徴。

光栄テクノシステム の対応事例のある領域・マーケット

・建築工業・電気・化学機械・金属機械・食品機械・製紙機械

光栄テクノシステム の対応事例

・製紙会社向けポンプ部品耐摩耗(流体)・各種プラント部品へのHVOF溶射・搬送スクリューへの耐摩耗溶射・供給機スクリューへの耐摩耗溶射・粉砕装置内壁への耐摩耗溶射 など

光栄テクノシステム の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る