溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射の種類 » フレーム溶射

フレーム溶射

フレーム溶射のプロセス

フレーム溶射には溶線式と粉末式がありますが、溶線式は溶射される材料がワイヤー状のものを使用する方法。ワイヤー溶射とも呼ばれ、ワイヤー状の金属及び合金類の総てが溶射可能です。

粉末式は、溶射される材料が予め粉末にされたものを使用することが特徴。

粉末式フレーム溶射は、送給ガスにより送給口から送り込まれた溶射粉末材を、酸素-燃焼炎によって溶融し、素材に吹き付けることによって皮膜を形成します。主に自溶合金溶射やプラスチック溶射に利用されています。

フレーム溶射は、耐摩耗性、耐食性、耐熱性が非常に優れており厚みも均等で、安定した硬化層を確保できます。

フレーム溶射の特徴

フレーム溶射の特徴には以下のようなものがあります。

フレーム溶射の実施例

アルミ製プーリーへのセラミック溶射
コーティング

アルミ製プーリーの溝にセラミックを溶射し、研磨仕上げを行っています。セラミックはグレーアルミナと呼ばれる非常に硬くて熱に強い材質。アルミの素材で軽量化しつつ、プーリー溝を硬くして長く維持していきます。

セラミック溶射は大型部品にも施工することが可能です。セラミックは硬くするだけでなく、耐食性、耐電圧性、耐熱性、コンタミ防止などの効果が。用途に応じて材料を選択することができます。

参照元:姫路メタリコンHP(https://www.atengineer.com/pr/metarikon/20160525002.html

アルミ製ブロワー内面への超硬合金
溶射コーティング

アルミ製ブロワーの内側に超硬合金を溶射しています。溶射はアルミなどの柔らかい材料に超硬合金のような硬い材料をコーティングすることが可能。加工時の熱は150℃以下におさえており、アルミが歪むこともありませんでした。

また、メッキなどと比較すると厚い(およそ200~300マイクロメートル)膜を形成できるので、寿命を延ばすことができます。

参照元:姫路メタリコンHP(https://www.atengineer.com/pr/metarikon/20160525001.html

このサイトでは、各溶射プロセスの特徴ほか、溶射加工で付加できる機能・効果も解説。さらに、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る