溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 杉野工業

杉野工業

杉野工業の会社特徴

四日市の石油・化学コンビナートの緊急を要する要望に応える

昭和44年創業。産業用機械部品の製造からスタートし、各種専用機製造、そして特殊技術の一翼としてエリコンメテコ社の溶射プロセス導入。肉盛コーティングから、仕上げ加工まで、機械部品の製造、修理再生を手掛けています。四日市の石油・化学コンビナートを顧客に持ち、単発で緊急を要する部品を図面化から製造までを行い、金属溶射機・プラズマ装置等を用いて素早い補修に対応。

小ロット・多品種にも対応

旋盤・フライスなどの汎用機を駆使することで、単品の機械部品を高精度に補修。小ロットでたくさんの品種があるケースにも対応。

図面がない壊れた部品にも対応

図面を失くしてしまった部品が壊れた場合にも、壊れた部品から図面化することで、同じ部品であることはもちろん、さらに耐摩耗性などの機能をもつ部品への対応も可能です。

杉野工業の取り扱う溶射技術

粉末式フレーム溶射

自溶性金属溶射

溶射される材料が予め粉末にされたものを使用し、酸素アセチレン炎により溶融噴射し相手母材に吹き付け皮膜を形成する。

超硬合金

「超硬合金」の取り扱いもあります。

溶線式フレーム溶射

メタライジング(ワイヤー溶射)

溶射される材料がワイヤー状のものを使用、酸素アセチレン炎により連続的に溶融され、圧縮空気により微細化され相手の母材に吹き付け皮膜を形成。

大気プラズマ溶射

セラミック溶射

電孤を用いてプラズマガス(N2+H2、Ar+He、Ar+H2等の組合せがある)をプラズマ化して非常に高温の不活性雰囲気を得る事が出来ます。これを熱源として溶射の分野に取り入れたのがプラズマスプレー・プロセスといいます。このプロセスは酸素アセチレン炎で得られる最高2,500~3,000℃よりもはるかに高い5,000~6,000℃の高温雰囲気が得られます。

杉野工業の対応事例のある領域・マーケット

粉末式フレーム溶射

自溶性金属溶射・超硬合金

溶線式フレーム溶射

メタライジング(ワイヤー溶射)

大気プラズマ溶射

セラミック溶射

杉野工業の対応事例

肉盛り補修を施す主な製品

・渦巻きポンプ用シャフト

・モーター用回転子軸

・モーター用ブラケットなどの軸受部

・オイルシール部の摩耗箇所

コーティング補修を施す主な製品

・メカニカルシール用スリーブなどの各種スリーブ類

・電線搬送用Vプーリーなどの摺動部の耐摩耗性確保

杉野工業の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る