溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » コダマ

コダマ

コダマの会社特徴

ものづくりに意思を込めて

コダマは、1919年(大正8年)の創業以来、鋳造・プラントエンジニアリング・溶射(表面処理)の各分野において、企画、設計から製造、施工、メンテナンスまでを手掛けています。

多種多様なバリエーションでニーズに応える

溶射は、目的に応じて溶射材料(金属やセラミックスなど)を電気やガスなどの熱源により、溶融、軟化させ、微粒子状にして対象物表面に皮膜を形成するコーティング技術の一種です。生産設備の部品の長寿命化や形状を復元することによる軽減、部材の表面改質による生産性向上など、さまざまな機能を付与することができます。

溶射の材料選定の自由度が高い、膜設計の自由度が高い、材料・膜設計に応じた溶射プロセスが選べる、様々な基材・形状に皮膜形成できるなどの特徴を活かし、製品ニーズに応じたオーダーメイド仕様で提案。

コダマ独自の【新・機能性皮膜】

溶射の溶射の基本機能である耐摩耗・防食等にコダマの溶射技術を合わせて、独自で研究開発したのが、新・機能性皮膜。

コダマでは、「低周波磁気シールド」「ノイズ抑制・電波吸収(誘電損失)」 「放熱性」コーティングの開発を行っております。 あわせて「樹脂基材の高機能化」をねらい、 立体・複雑形状品へのコーティング技術も高め、様々な製品展開への準備をしています。

<軽量化とノイズ対策>

自動車パワエレ樹脂筐体(PCU・ECU、インバータケース等)、EV・PHV向け樹脂バッテリーケース 医療用ワイヤレス画像装置、その他病院内のノイズ対策全般に。

<高速・高効率化>

モータ、ワイヤレス給電システム、FRID等

<耐候性・防食性>

屋外監視カメラ・センサー・計測器等

コダマの取り扱う溶射技術

・電気式(アーク、プラズマ)

・ガスフレーム式 (溶線・粉末、高速フレーム等)

・コールドスプレー等

コダマの対応事例のある領域・マーケット

・産業機械・環境・造船・鉄鋼・製鐵など。

コダマの対応事例

・景観プレート装飾

・ドラムの寸法再生+耐摩耗性向上

・Vプーリーの耐摩耗性の向上

・フランジの耐腐食性付与

・ロッドの再生

・湯口カップ

・ショット羽根

・砂搬送スクリュー

・鋳物砂撹拌ミキサー羽根

・パドル

コダマの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る