溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » オータニツール

オータニツール

オータニツールの会社特徴

切削工具、精密部品加工のスペシャリスト

オータニツールは、昭和28年に創立のダイヤ・CBN・ボロンなどの切削工具専門メーカー。ユーザーの多様化するニーズに応えるため、マシニングセンタ、ワイヤ放電加工機、CAD/CAM/3次元CAMシステム等の導入。精密金型部品、半導体関係部品の加工にも対応しています。

切削工具

ワーク図および切削条件等が分かれば、特殊工具の設計製作も可能。

ダイヤ

最も硬い工具材料。アルミニウム合金をはじめ非鉄金属、繊維強化プラスチックなどの加工に驚異的な性能を発揮。(各種バイト、エンドミル、Tスロットカッター、穴あけ工具等)

CBN

ダイヤに次ぐ硬い工具材料。焼入鋼や鋳鉄などでダイヤの不得意分野で威力を発揮。(各種バイト、エンドミル等)

部品加工

オータニツールは、特殊工具を製作しての部品加工もできるのが強み。また、独自のロー付技術を活かした部品加工において、群を抜いています。

オータニツールの取り扱う溶射技術

高速ジェット溶射

マッハ6のスピードでガスジェットを噴射、溶射粉末をジェット中心部に能率よく送り込む溶射方法。

高速ジェット溶射の特徴

・ 密度の高い高品質の皮膜を形成できます。

・ 優れた耐摩耗性と耐食性。

・ 高速ジェット噴射で形成される皮膜は、粉体の攪拌ならびに成形機器など、急速な摩擦や腐食性環境にさらされる機械構成部品の作動寿

 命を飛躍的に延ばしてくれます。

・ 製品の寸法に制限がなく、広い面積に対して超硬溶射施工が可能。

・ 溶射による製品の変形をできる限り抑えることが可能。

オータニツールの対応事例のある領域・マーケット

半導体関連部品、金型部品、治工具、医療器具関連部品など。

オータニツールの対応事例

Webサイトに記載がありませんでした。

オータニツールの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る