溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工に関する用語集 » セラミック溶射

セラミック溶射

セラミック溶射とは

セラミック溶射(ceramic spraying)とは、耐摩耗性・耐薬品性・耐熱性を持った皮膜を形成できる溶射方法です。材料は酸化アルミニウム(アルミナ)・酸化チタン(チタニア)・酸化クロム(クロニア)・酸化ジルコニウム(ジルコニア)などを、目的に応じて単体もしくは組み合わせて使用します。

主な材料と皮膜特性は以下の通りとなっています。

溶射加工の方法は、主にフレーム溶射・プラズマ溶射・高速フレーム溶射です。加工時に素材の温度を150℃~250℃以下にすることが可能で、素材を傷めることが少ないようです。また、アルミやガラス、樹脂などさまざまな素材に使用できます。

溶射業界においての用途・用法

セラミック溶射は材料の組み合わせによって、さまざまな皮膜特性を持ちます。このため、用途は幅広く、自動車・エネルギー・化学・半導体・製紙・航空宇宙などさまざまな分野で活用されています。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る