溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 澤村溶射センター

澤村溶射センター

澤村溶射センターの会社特徴

溶射装置と溶射設備に特化した表面改質設備の専門会社

フレーム・アーク・HVOF・プラズマ・コールドスプレー・レーザークラッド・集塵装置・溶射ブース・ロボット設備など溶射に関わることを幅広く取り扱っている溶射専門会社です。 過去30年以上にわたりアーク溶射ガン装置、とりわけ1980年代後半よりメタライゼーション社のアーク溶射ガンを専門的に取り扱ってきました。

他社からの更新はもちろん、新規で溶射を始める企業に溶射前処理から施工管理まで親切丁寧な提案を行っています。 澤村溶射センターの溶射に関する貢献に於いて、社長が平成25年11月3日に皇居にて天皇陛下より瑞宝単光章を下賜されています。

独自のノウハウと豊富な実績

澤村溶射センターは、溶射装置メーカー英国Metallisastion社の日本総代理店です。 溶射装置、レーザークラッド装置、ブラスト装置、集塵装置、ロボット、溶射・ブラスト材料の販売から設備設計まで幅広く対応しています。 溶射技能士・溶射上級管理士の資格を持ったサポートメンバーが在籍しています。 独自のノウハウと豊富な実績で、お客さまの希望する溶射設備を提案可能です。

独自のアフターサービス

創業当初より代理店としてではなくお客さまに寄り添ったアフターサービスを心がけています。 営業・技術スタッフ全員が溶接のプロフェッショナルであると同時に溶接技能士の資格を保持しているため、次のような機動力のあるサービスを提供しています。

澤村溶射センターの取り扱う溶射技術

フレーム溶射

熱源にガスを使用するためガス式溶射とも呼ばれます。 ワイヤーやパウダー、セラミックロッドを溶かすために酸素と燃料の燃焼フレームを使用します。 溶けた材料はアッシュクエヤーで細かい粒子に噴霧されて溶射流を形成、溶射される表面に皮膜が作られます。 基本的には手動で操作を行いますが、半自動・完全自動も可能です。

Met-PCC(HVOF)高速フレーム溶射

硬質クロムメッキの互換・連続亜鉛めっきライン工場のロールなどに使用される溶射です。 メタライゼーションMet-PCC(HVOF)は、メタライゼーションの高速フレーム溶射の中では新しい商品です。制御要素を改良した技術を取り入れています。 独自性が高くコンパクトな設計で操作がしやすいのが特徴です。

アーク溶射

錫のような柔らかい材料からタングステンのような高融点で硬い材料も溶射可能です。 半導体関係からIH機器、自動車、航空機器など、24時間稼働の生産工場にも広く愛用されています。 同軸プッシュプル装置で電源からガンの間を100mまで延長が可能です。 無償のデモを行っています。

Met-PCC(PLAS) プラズマ溶射

印刷用/Analox rolls・製紙ロールなどに使用される溶射です。 操作者のインターフェースはグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を利用していて、オプションとして動画を画面に取り込むことができます。 プロセッサーは操作性・統合性・伝達性に優れています。

澤村溶射センターの対応事例のある領域・マーケット

航空宇宙関連・自動車・半導体・製紙・製鋼・プラント・船舶・ボイラー・IHなど

澤村溶射センターの対応事例

公式サイトに記載がありませんでした。

澤村溶射センターの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る