溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工で付与できる機能・効果 » 耐薬品性

耐薬品性

化学機器装置などの耐薬品性を高める技術とは

耐薬品性とは、さまざまな薬品に対する耐久性のこと。金属材料などが、酸・アルカリ・有機溶剤・酸化剤・塩類といった薬品に接したとき、化学反応によって溶解・浸食・膨張・減耗といったダメージを受けにくいことを指します。

各種産業や研究などの現場では、設備機器や化学機器装置などが薬品にさらされるケースもあり、そのままだと設備機器や装置にダメージが蓄積して寿命が短くなってしまいます。そこで、耐薬品性の高い溶射材料で表面をコーティングすることにより、薬品への耐性向上が期待できるようになります。

参照元:みのる産業HP(http://f-minoru.co.jp/effect/taiyakuhin.html

化学機器装置などの耐薬品性を高めるための材料

耐薬品性向上を目的に用いられる溶射材料は、アルミナ・クロミア・チタニアといったセラミック系。または、クロムカーバイトニッケルクロム系といった超硬系の材料が選択されます。主に用いられる溶射方法は、プラズマ溶射です。

主なセラミックの耐薬品性

硬度や耐摩耗性に優れていることで知られるセラミックは、耐薬品性にも優れるという特徴も持っています。以下に、各セラミックの耐薬品性についてまとめてみました。

化学機器装置などの耐薬品性を高めるための溶射の種類

耐薬品性を高めるのに溶射加工は有効ですが、溶射被膜には気孔が存在します。完全に環境遮断をするのは難しいため、対象となる基材や溶射材料への配慮が大切です。

セラミック溶射

溶射材料の中でも、優れた耐薬品性を持つセラミック。基材表面にセラミックを溶融状態で吹き付ける皮膜を形成することにより、耐薬品性を付与できます。アルミナ・ジルコニア・チタニアといった、酸化物セラミックが用いられることが多くなっています。

参照元:溶射.com(http://yousya-kakou.com/faq/137/

プラスチック溶射

プラスチック溶射とは、ポリエチレン・ナイロン・エポキシといった樹脂を溶融して吹き付ける方法。耐水性・耐海水性・耐薬品性を持つ、樹脂皮膜を基材表面に形成することができます。皮膜に気孔がないのが特徴で、数百μm~数mmの厚さまで施工が可能。プラスチック溶射材料にはさまざまな種類がありますが、とくにアルカリに強いのはナイロン11、酸に強いのはポリエチレンとなっています。

参照元:姫路メタリコンHP(https://www.atengineer.com/pr/metarikon/20181211008.html

PEEKコーティング

PEEKとは、ポリエーテル・エーテル・ケトンからなるプラスチック溶射に用いられる樹脂のひとつ。エンジニアリングプラスチック材料よりも高い性能を誇るのが特徴で、スーパーエンジニアリングプラスチックと呼ばれています。有機化合物であるケトンが含まれているため、耐薬品性および耐熱性に優れているのが特徴。酸・アルカリを含む薬品への耐性が高く、高温下でより高い性能を示すという性質があります。

フッ素樹脂コーティング

フッ素樹脂コーティングは、すべり性・耐薬品性・撥水性・絶縁性・非粘着性に優れた表面処理方法。ほとんどの化学薬品・溶剤に対して高い安定性を持っており、強酸・強アルカリに接触しても不純物が発生しにくいのが特徴です。半導体製造装置・薬液容器・チューブ・配管などに多く用いられています。

参照元:
日本鋳造技術研究所HP(https://www.nittyu-ken.com/project/surface/tec6
エステックHP(http://stech-tokyo.co.jp/?p=460
中興化成工業HP(https://www.chukoh.co.jp/teflon/

このサイトでは、溶射加工について分かりやすい解説をはじめ、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る