溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射の種類

溶射の種類

フレーム溶射

熱源にガスを使うフレーム溶射。溶射ガンが軽量で取り扱いやすいというメリットがあります。フレーム溶射には溶線式と粉末式の2通りあり、溶線式は材料がワイヤー状のものを使用する方法、粉末式は材料が予め粉末にされたものを使用します。溶線式・粉末式どちらも耐摩耗性、耐食性、耐熱性が優れており厚みも均等で、安定した硬化層を作ることができます。

フレーム溶射について詳しく見る

高速フレーム溶射

ガス式のコーティング方法である高速フレーム溶射。高速の粉末粒子により強い衝撃力をもって皮膜を形成します。噴出される燃焼ガスは音速を超える速度。このため衝撃波が発生し、ショックダイヤモンドと呼ばれる白色の輝く菱形が生じることがあります。フレーム溶射のコーティングに、非粘着性・潤滑性・離型性・耐酸化性・絶縁性の性質を加えることが可能です。

高速フレーム溶射について
詳しく見る

爆発溶射

爆発溶射は重量のあるDガンを使い、燃料ガス(アセチレン+酸素)の爆発燃焼によって皮膜を形成させるコーティング。爆発という名の通り、かなりの騒音を出すことが特徴です。爆発溶射はセラミックと金属の複合材料であるサーメットに適する溶射。溶射材料を溶融加速することにより、密着性の優れた緻密な皮膜が得られます。

爆発溶射について詳しく見る

アーク溶射

アーク溶射は電気式の溶射法の一つ。溶射材料である2本の金属線材(ワイヤー)を用いることが特徴。ワイヤーの先端で直流アーク放電を発生させ、溶融した金属を圧縮空気で吹き飛ばす溶射法です。ガス式溶射に比べて溶射能力が高く低コストである溶射方法です。防錆・防食溶射で利用されることが多く、線材に加工できる金属や合金であれば全てアーク溶射が可能です。

アーク溶射について詳しく見る

プラズマ溶射

電気式の溶射法であるプラズマ溶射。プラズマとは、分子が1原子ずつに解離し、そこからさらに電子が放出された超高温のガス状態のことです。 プラズマ溶射法はその超エネルギーを熱源として成膜材料を溶かし、プラズマジェットで加速して母材に叩きつけるコーティング法。歪みや変形が少ない美しい仕上がりが特徴。

プラズマ溶射について詳しく見る

コールドスプレー

コールドスプレーは、素材を熱することなく低温の高速作動ガスにより皮膜を作ります。一般的な溶射は素材を溶融加熱してコーティングしますが、コールドスプレーは粒子温度が低いため、熱による材料の特性変化が少ないコーティング。熱による材料の変化がなく、皮膜の酸化を抑えられる方法です。

溶射法の一つである
コールドスプレーについて
詳しく見る

サスペンション溶射

サスペンション溶射は、粉末材料を水やエタノールなどの溶媒に分散 させ皮膜を形成するコーティング法。他の溶射法と違い、サスペンション(懸濁液)を用いることが大きな特徴です。従来では利用できなかった微粉末(1μm前後)を、プラズマフレームに投入し溶射皮膜を形成することが可能。ただし懸濁液の粘度や粉末の沈殿に注意が必要。

サスペンション溶射について
詳しく見る

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る