溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射の種類 » 高速フレーム溶射

高速フレーム溶射

高速フレーム溶射のプロセス

高速フレーム溶射とは、粉末粒子の飛行速度が極めて高い溶射法。フレームの温度は通常のフレーム溶射と同じです。高速の粉末粒子により、強い衝撃力をもって溶射皮膜を形成させることが可能。溶射材料は、サーメットや金属が使用されます。

高速フレーム溶射は、素材の表面性質をさらに高めるために行われる手法。フレーム溶射では耐摩耗性・耐食性・耐熱性・断熱性がメインとなりますが、高速フレーム溶射では更に非粘着性・潤滑性・離型性・耐酸化性・絶縁性の性質を加えることが可能です。

また高速フレーム溶射で噴出される燃焼ガスは音速を超える速度。このため衝撃波が発生し、ショックダイヤモンドと呼ばれる白色の輝く菱形が生じることがあります。

高速フレーム溶射の特徴

高速フレーム溶射の特徴には以下のようなものがあります。

高速フレーム溶射の実施例

フィルム用鏡面ロール

フィルム製造装置用のロールに傷防止、鏡面維持目的で溶射が適用されています。製品不良の防止により、歩留まり向上に貢献しています。

参照元:トーカロ株式会社HP(https://www.tocalo.co.jp/applied/plasticsfilm/plasticsfilm_01.html

シンクロール (浴中ロール)

亜鉛めっき鋼板製造ライン(CGL)の亜鉛めっき浴中ロールを亜鉛による侵食から保護する為、またグルーブマークなどの製品不良を防止する為に溶射が用いられています。

参照元:トーカロHP(https://www.tocalo.co.jp/applied/steel/steel_01.html

航空機部品

ジェットエンジンの動翼・静翼には耐熱目的で、またランディングギアやその他の部品は摺動摩耗防止などの目的で溶射が適用されています。

参照元:トーカロHP(https://www.tocalo.co.jp/applied/transportation/transportation.html

このサイトでは、各溶射プロセスの特徴ほか、溶射加工で付加できる機能・効果も解説。さらに、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る