溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » オオスズ技研

オオスズ技研

オオスズ技研の会社特徴

1965年に溶射技術を導入

オオスズ技研は、1965年にアメリカのメテコ社から溶射技術を導入。溶射技術で様々な機能皮膜を提供する静岡県浜松市の表面改質メーカーです。溶射技術は、さまざまな分野で活用され、状況に応じて様々な機能皮膜を選択できます。また、溶射で形成した機能皮膜は、高機能・コストダウンで注目されています。

試作品から量産まで対応

オオスズ技研では、溶射技術の受託研究開発から量産、試作まで対応。多種多様な組み合わせのできるノウハウを長年蓄積してきた表面改質技術メーカーです。

オオスズ技研の取り扱う溶射技術

プラズマ溶射

ノズル電極間で満たされた不活性ガスが通電により熱プラズマとなり、そのエネルギーで粉末をアトマイズし、皮膜を形成。

【用途応用】耐摩耗、耐熱、断熱、耐食、絶縁、遠赤外線効果

高速フレーム溶射

極超音速の燃焼フレームを作り出し、微粉末を溶融または高速スピードに乗せ、被溶射体に激突させて緻密で密着性に優れた皮膜を形成。

【用途応用】耐摩耗、耐フレッティング、耐エロージョン、ワーククランプ

メタライジング/アークスプレープロセス(ワイヤー溶射)

メタライジングプロセス

ワイヤー材に可燃性混合ガスを熱源にして溶融、圧縮空気でアトマイズし皮膜を形成。

アークスプレープロセス

2本のワイヤーに電圧をかけてアークを発生させて溶融し、圧縮空気でアトマイズし皮膜を形成。

サーモスプレー

粉末を可燃性混合ガスを熱源にして溶融アトマイズし、様々な合金類皮膜を形成。

【用途応用】

オオスズ技研の対応事例のある領域・マーケット

・自動車・鉄道・船舶・産業用エンジン

オオスズ技研の対応事例

・工作機械・ポンプ

・スピンドル・シールカラー・スリーブなど

・高周波誘導加熱・焼き入れコイル

・溶接治工具・ピン

・光ファイバーガイドリール・各種コード

・キャップスタンローラー・ガイドロール

・キャップスタンロール

・線ゲージ、リングゲージ

・各種治工具類

など。

オオスズ技研の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る