溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工に関する用語集 » 亜鉛・アルミニウム合金溶射

亜鉛・アルミニウム合金溶射

亜鉛・アルミニウム合金溶射とは

亜鉛・アルミニウム合金溶射( zinc aluminum alloy spraying)とは、溶射の材料に亜鉛とアルミニウム合金を使用した溶射法のことです。亜鉛とアルミニウムはどちらも溶射することで防錆や防食に効果を発揮します。単独で使っても効果的ですが、亜鉛・アルミニウム合金にすると大きなメリットがあるのです。

亜鉛は単独で使うと塩水に溶けやすいという特徴があるため、沿岸部や凍結防止剤が使われる地域では溶射皮膜の消耗が早くなります。一方のアルミニウムは、塩水には耐性があるものの、電気化学的作用に弱いというマイナス面があります。亜鉛・アルミニウム合金では、塩水と電気化学的作用という2つの欠点を補い合い、単独で使うよりも安定した耐久性を得られるようになるのです。

溶射業界においての用途・用法

亜鉛・アルミニウム合金溶射は主に道路関連の構造物に用いられます。橋梁・鉄塔・歩道橋・ウォーターフロントなどさまざまです。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る