溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工で付与できる機能・効果

溶射加工で付与できる
機能・効果

金属・セラミックなどを溶融させた微粒子を吹き付け、対象物に新たな特性を持たせることのできる溶射加工。ここでは、溶射加工によって付与できるさまざまな機能・効果についてご紹介しています。

耐食性

物質の「腐食しにくさ」を指す耐食性は、基材や部品の寿命を延ばすためにも重要な要素。どのような溶射方法で機能を付与できるのか、ぜひ確認しておきましょう。

耐食性についてチェック

耐熱性

高温環境下でも機材を使えるようにしたい、といったニーズに応える耐熱性。耐熱性を付与できる溶射加工とその特徴、具体的な事例についてまとめてみました。

耐熱性についてチェック

防錆性

金属を錆から守り、耐久力や潤滑性を維持できるようにするのが防錆です。この防錆性を高めるための溶射加工と、適した材料について見ていきましょう。

防錆性についてチェック

硬度

溶射加工では、表面にさまざまな素材を吹き付けることで対象物の硬度をアップすることもできます。具体的な方法と事例をチェックしてみてください。

硬度についてチェック

防滑性

主に転倒防止といった安全策として用いられる防滑施工ですが、溶射でもその機能を付与できます。用いられる材料・方法などを確認してみましょう。

防滑性についてチェック

耐摩耗性

擦り減った部分を埋めたり、摩耗に強いコーティングを施したりできるのも溶射の強み。耐摩耗性を高めるための溶射について、詳しくまとめてみました。

耐摩耗性についてチェック

電気絶縁性

電機を通しやすい物質にコーティングを施し、絶縁性を持たせられるのも溶射加工の特徴です。溶射材料の絶縁破壊電圧値などの情報も、参考にしてみてください。

電気絶縁性についてチェック

誘電性

溶射加工では、誘電性をはじめとする電気特性をさまざまな機材に付与することが可能です。どのような方法でその機能を与えられるのか、見ておきましょう。

誘電性についてチェック

熱伝導性

熱の伝わりやすさを表す熱伝導性ですが、溶射加工では熱伝導性は高まるのでしょうか?それとも低くなるのでしょうか。しておきたい特性をまとめました。

熱伝導性についてチェック

潤滑性

溶射加工では、潤滑剤が使用できないものに対しても潤滑性(すべり性)を持たせることが可能です。その具体的な方法と、使用材料について解説しています。

潤滑性についてチェック

耐衝撃性

外部からの衝撃に耐える力を表す耐衝撃性ですが、溶射加工ではどのような材料を用いて機能を付与するのでしょうか。メーカー事例と共にご覧ください。

耐衝撃性についてチェック

耐薬品性

酸やアルカリによるダメージから機材を守る耐薬品性。溶射では主にセラミックが用いられますが、種類によって機能が異なります。情報をチェックしておきましょう。

耐薬品性についてチェック

撥水性

水をはじく力を指す撥水性も、溶射加工・表面処理によって付与することが可能です。撥水性に関する研究データなどもまとめていますので、参考にしてみてください。

撥水性についてチェック

補修

摩耗・損傷した部分に溶射加工を施すことで、部品や機材を全交換しなくても良くなるケースがあります。そんな、コスト削減も期待できる溶射補修についてまとめました。

補修についてチェック

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る