溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » ウィル

ウィル

ウィルの会社特徴

防錆・防食分野で多数の実績

ウィルは、創業当初より、溶射を主事業にしています。特に、防錆・防食分野における溶射技術に関して、多数の経験と実績を有しています。「メンテナンスフリー」「ロングライフ」「リユース」につながる溶射技術で、顧客の様々な問題の解決を目指しています。

現地施工を得意とする会社

ウィルは、現地に赴いて施工をする現地施工を得意としています。施工物の対象物のサイズに制限がなく、成膜速度・質ともに他の技術と比べ圧倒的優位性があります。溶射やブラスト、ピーニングは、現地に出張して施工。運搬できない重量物や、取り外せない設備や建築物に施工することができます。施工に際しては、防音対策や防塵対策が必要となるため、綿密な打ち合わせで対応しています。

研究開発と品質向上へ取り組む

製品の基礎評価から顧客の環境を想定した模擬評価まで行いながら、製品の改良及び開発を進めています。例えば、防錆防食においては、現場で起こっている現象の把握と電気化学的なアプローチを取り入れ、より適した条件を見出しています。また、顧客の要望を満たすのはもちろん、より高品質を目指す取り組みを行っています。

ウィルの取り扱う溶射技術

・アーク溶射

・フレーム溶射

・高速フレーム溶射

・自溶性合金溶射

ウィルの対応事例のある領域・マーケット

・化学・道路・工場・その他

ウィルの対応事例

ケミカルタンク 現地工事

持ち運びできないような大型構造物にも施工可能なのが、溶射のメリットの一つです。

空気タンク

ブラストで製品表面の錆を落とした後、下塗り塗装と上塗り塗装を実施。

受圧板

受圧板とはアンカーの緊張力を地盤に無理なく伝達するために、アンカー頭部と地盤の間に設置される構造物のことです。

岡ビル モニュメント

岡山市にある岡ビル市場の60周年を記念し、作られた『鰆(さわら)』のモニュメントの施工。岡山では、鰆は地域に根差した代表的な魚です。

ウィルの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る