溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » フジコー

フジコー

フジコーの会社特徴

「資源のリサイクルと環境保護への貢献」がモットー

1952年創業。溶接・溶射・特殊鋳造などの金属表面処理の基本技術をベースにして、資源のリサイクルと環境保護への貢献を目指す。特殊技術を研究開発し、多様な顧客ニーズに対応。

高速フレーム溶射で耐剥離性を実現

フジコーの高速フレーム溶射は、WC-Co皮膜の転動疲労試験で100万回転以上もの耐剥離性を実現。フジコーが開発した高速フレーム溶射は、溶射の概念を変えた低温・高温溶射が特徴。プロパンやケロシンなどの液体燃料を空気・酸素と混ぜて燃やし、音速の約2倍の速さで溶射材料を吹き付け、高温になる前に芯材に吹きつけられるため、従来溶射の欠点であった積層ムラせず、密度の高い皮膜になります。

高速フレーム溶射で熱変質の少ない製膜形成が可能

低温溶射のため炭化分も溶融しないので性質や形状に変化がなく、溶射材料の特徴をそのまま生かせます。

独自開発の現地自動溶射装置で安定した品質を確保

フジコーが独自開発した現地自動溶射装置は、軽量、コンパクト、分割組立式で、狭い場所にも容易に持ち込むことが可能で、過酷な環境に適応する耐久性を有しています。取り付け済みの装置などに、現場で自動溶射しコーティングや金属複合体にするため、大型ボイラーや製鋼用転炉、汚泥乾燥装置などに利用できます。

独自開発した現地自動溶射装置で
過酷な環境下での作業性の向上と安定した品質を確保

軽量、コンパクト、分割組立式で、狭い場所にも容易に持ち込め、過酷な環境に適応する耐久性を有しています。取り付け済みの装置などに現場で自動溶射しコーティングや金属複合体にするもので、大型ボイラーや製鋼用転炉、汚泥乾燥装置などの部品溶射実績があります。

フジコーの取り扱う溶射技術

・高速フレーム溶射

・プラズマ溶射

・ワイヤー溶射など

フジコーの対応事例のある領域・マーケット

・発電関連・環境関連・鉄鋼関連など

フジコーの対応事例

・事業用火力発電所ボイラーロール

・ゴミ焼却発電ボイラーチューブ溶射

・フィルムロール

・ストラトカラー、スリーブ等

・冷延プロセスロール

・集塵機ブロアー溶射

・線材ガイドローラー

・スクリュー溶射

フジコーの会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る