溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 長門メタリコン製作所

長門メタリコン製作所

長門メタリコン製作所の会社特徴

幅広いサイズの製品に対応

小物から大型構造物まで(重さ15トン、長さ15m)対応できます。

単品から量産ものまで幅広く対応

小さなもの1個から中ロットの量産ものまで対応できます。

短納期で対応

仕様により多少異なりますが、小ロットのものなら通常1~7日以内で納入。

長門メタリコン製作所の取り扱う溶射技術

・Webサイトでは見当たりませんでした。

長門メタリコン製作所の得意な加工例

大鳴門橋橋脚部(アルミ溶射)

海岸地帯および工場地帯での防錆・防食にはアルミニウム溶射が有効。また最近ではアルミニウム・マグネシウム合金溶射も用いられています。 アルミニウム溶射は鉄鋼製品の高温酸化防止・耐熱用途でも550℃まで用いられ、また温水タンク内面にも使用されます。

亜鉛溶射・亜鉛アルミニウム溶射

公園手摺(亜鉛溶射後塗装)

亜鉛は犠牲防食機能に優れ、防錆・防食用途では一般的な金属のひとつ。アルミニウム溶射同様、通常は塗装と組み合わせ10~20年の長期防食皮膜として使用。亜鉛アルミニウム溶射は亜鉛より塩害に強い皮膜として用いられます。

液晶製造装置シールド板

半導体・液晶・太陽電池の製造装置でよく用いられるスパッタリングやCVD。これら装置に使用する治具の堆積皮膜(デポ)除去及び剥離防止・パーティクル防止にブラスト・溶射を適用。 用途に応じアルミニウム溶射、銅溶射、モリブデン溶射、セラミック溶射(主にホワイトアルミナ)を行っています。近年、液晶・PDP向けのホルダー・トレイ・キャリアー等も大型化するなか、長門メタリコン製作所では加工可能。

樹脂製電機部品

長門メタリコン製作所では、プラスチック製品のブラスト・溶射も数多く手がけており、長年のノウハウの蓄積があります。導電性付与、電磁波シールド等を目的とします。

長門メタリコン製作所の対応事例のある領域・マーケット

鉄鋼・造船・橋梁・機械・電機・建築土木・化学・プラント・半導体・液晶・太陽電池など

長門メタリコン製作所の対応事例

水管橋・キュービクル・車止め・冷却水タンク・製鉄所向け バタフライダンパー・薬品タンク・安全弁・船舶用 軸受け・拡管ロール・

トラック用フロントアクスル・羽根車・SUSタンクなど

長門メタリコン製作所の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る