溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工業者・メーカー一覧 » 大東製作所

大東製作所

大東製作所の会社特徴

精密部品加工を専門とする会社

大東製作所は、日本のスイスと言われる長野県諏訪市の精密工業地域にあり、昭和30年の創業以来、一貫して精密部品加工を専業として行っている会社です。現在では、NC自動旋盤、自動旋盤、マシニングセンターなどの設備を駆使し、医療機器、OA機器、自動車、航空機、各種研究機関の超精密を要求される部品の加工を得意としています。

プラズマ溶射による複合体やセラミックスのコーティングを行う

大東製作所では、転造によるスクリュー・ウォームの長尺加工・インサート成形・プラズマ溶射による複合材やセラミックスのコーティングも行っています。精密計測機器の強化を行うことにより、精密部品の生産における品質保証の体制を整えています。

提案型営業と多品種少量への対応

多様化する顧客ニーズに応えるために、提案型営業を行い、多品種小ロットでの精密部品の生産にも、しっかり対応できるよう、高度な専門技術をもつ協力工場10数社と特別契約を結び、即納体制を整えています。

大東製作所の取り扱う溶射技術

プラズマ溶射

プラズマ溶射とは、金属材料を溶かして母材に吹き付けるという技術。プラズマ溶射の用途は、多岐にわたり、耐磨耗・耐食性・断熱性・耐熱性・抗菌性・導電性・電気絶縁性などの特徴があります。プラズマ溶射は、皮膜材料の物理的、化学的特性を活かした多目的機能皮膜を作ることを目的として開発された方法ですが、溶射材料の開発もあり、その適用範囲はさらに拡大しています。

【プラズマ溶射によるセラミックスコーティングの利点】

材料にセラミックを使用すると、コストがかかりますが、金属母体にセラミックコーティングすることによって、機能が十分発揮されるとともに、セラミック単体よりもコストは削減でき、機能的にも優れたものなります。

プラズマ溶射の特徴

・溶射材料の選択が豊富

・高融点材料が可能

・緻密さ・密着性などの皮膜特性が優れている

・加工時間が短く、皮膜形成時間が早い

・母材を選ばない

・母材を変形させない

大東製作所の対応事例のある領域・マーケット

機械部品・電気部品・外装、外壁・インプラント・人工関節・高熱内壁・センサー・ 摺動部再生など。

大東製作所の対応事例

医療機器、OA機器、自動車、航空機、各種研究機関の超精密を必要とする部品加工

大東製作所の会社DATA

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る