溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射の種類 » アーク溶射

アーク溶射

アーク溶射のプロセス

アーク溶射は電気式溶射法の一つ。溶射材料である2本の金属線材(ワイヤー)の先端で直流アーク放電を発生させ、溶融した金属を圧縮空気で吹き飛ばす溶射法です。ガス式溶射に比べて溶射能力は高く、またコストも低い溶射方法です。

溶射材料は、線径 0.8~5.0mm(通常1.6mm)のワイヤを使用。電源には、三相交流200Vまたは220Vを直流に変換する定電圧、または幾分上昇特性の直流電源を用います。

アーク溶射は防錆・防食溶射で利用されることが多い溶射法。溶射材料は、線材に加工できる金属や合金であれば、全てアーク溶射が可能です。

アーク溶射の特徴

アーク溶射の特徴には以下のようなものがあります。

アーク溶射の実施例

橋梁 (橋脚ケーシング)

大鳴門橋などの海洋構造物では、塩水による激しい腐食が予測される為、橋脚ケーシングなどの防錆目的で溶射が適用されています。防錆溶射を行うことにより、錆の発生から長期間保護され、減肉することなく長年使用することができます。

参照元:トーカロHP(https://www.tocalo.co.jp/applied/building/building_01.html

ボイラ

石炭火力発電所ボイラ設備等の高温環境においては、設備の磨耗減肉が激しく、設備の長寿命化が必要不可欠となります。耐摩耗溶射により、メンテナンス費用の低減、ボイラ設備の延命化による設備更新費用の削減が可能となります。

参照元:トーカロHP(https://www.tocalo.co.jp/applied/energy/energy_03.html

スパッタリング装置部品
(半導体製造装置)

ウエハ上に回路材料となる酸化シリコンやアルミニウムの膜を作るスパッタリング装置の部品(オレンジ色部分)であるシールドやウエハを固定するウエハチャックに溶射が適用されています。

参照元:トーカロHP(https://www.tocalo.co.jp/applied/it/it_02.html

このサイトでは、各溶射プロセスの特徴ほか、溶射加工で付加できる機能・効果も解説。さらに、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る