溶射加工・技術のすべてが分かるメディア » 溶射加工で付与できる機能・効果 » 防錆性

防錆性

機材や道具の寿命に大きく関わる、錆の発生。この錆の発生を防ぐために用いられる溶射加工にはどのような種類があるのか、具体的な事例と共にご紹介していきます。

橋梁・鉄鋼構造物などの防錆性を高めるための技術とは

橋梁、鉄塔、歩道橋、ウォーターフロントといった鉄鋼構造物は、公共投資の抑制や老朽化対応といった観点から、長寿命化、維持管理費用の低減が求められています。そのような背景から、大面積への施工に対応し、現地施工が可能な「溶射加工」が注目されています。

橋梁・鉄鋼構造物などの防錆効果を高める溶射の材料

防錆を目的に溶射加工を行う場合、主に亜鉛・アルミニウム、亜鉛・アルミニウム合金が用いられています。ただし溶射被膜には気孔が存在するため、これを封鎖しないと高い防錆効果は期待できません。そのため、溶射加工後に気孔を埋める封孔処理を施し、錆の発生を防ぎます。防錆溶射による皮膜の厚さは数mm~数10μまで自由に調整でき、熱による基材の歪みなども少ないのが特徴。橋や鉄塔といった大型の建造物にも施工できます。

参照元:ウイルHP(http://www.will-ok.com/bousei/

橋梁・鉄鋼構造物などの防錆効果を高める溶射の特徴

防錆・防食溶射としては、主にアーク溶射やフレーム溶射が用いられています。

低電圧低温アーク溶射工法(Arts工法)

低電圧低温アーク溶射工法では、高い防錆力を持つ亜鉛・アルミ擬合金溶射被膜を形成。新品同様の防錆力を復活させられる方法です。施工に使用する低電圧低温アーク溶射機は、溶射皮膜温度が40~70℃と低温であることが特徴。そのため、高温で基材が歪むといったトラブルがかなり少なくなっています。また、緻密な粒子で密着度が高く、仕上げ塗装をプラスすれば耐候性もアップ。取替や改修周期を、数十年単位で伸ばすことも可能です。

参照元:
東京電設サービス(https://premium.ipros.jp/tds/catalog/detail/473244/
東京電設サービスHP(https://www.tdsnet.co.jp/technical/arts-method/

常温金属溶射(MS工法)

常温金属溶射とは、アーク溶射の技術を改良した方法。金属溶射に欠かせないブラスト処理が不必要となっており、その代わりに塗付型粗面形成材を塗布します。

これまで防錆を目的とした金属溶射では、亜鉛・アルミニウム・亜鉛/アルミニウム合金のどれか1種類を使用していましたが、常温金属溶射であれば亜鉛とアルミニウムを体積比1:1、質量比72:28の割合で吹き付けることが可能。これにより、溶融した亜鉛とアルミニウムの微粒子が交互に重なり合った擬合金(複合金属溶射皮膜)を形成することができます。この皮膜に、気孔をふさぐ封孔処理を施すことで、長期間にわたる防錆を実現できるのです。

この常温金属溶射は20~50℃という常温下での施工となるため、高温による基材の歪みや寸法の狂いといったトラブルはほとんどありません。また、常温金属溶射装置が小型軽量化されたことにより、現場で直接施工できることもあります。

参照元:日綱道路整備HP(http://www.n-doro.co.jp/bousei_bousyoku/yousha/index.html

フレーム溶射

酸素ガスと燃料で満たされた燃焼フレームの中に溶射材料を供給し、溶融した材料を圧縮空気などで吹き飛ばして皮膜を形成する方法です。このフレーム溶射で用いられる防錆目的の材料は、亜鉛・アルミニウム・亜鉛/アルミニウム合金。使用環境が酸性の場合はアルミニウム、アルカリ性の場合は亜鉛を用いるなど、環境に合わせて材料を選ぶことが大切です。

参照元:大石塗装HP(https://www.ohishi-tosoh.com/metalicon.html

このサイトでは、溶射加工について分かりやすい解説をはじめ、業界シェアTOP企業の調査レポートも掲載しています。ぜひ参考にしてください。

【特集】溶射業界のシェアTOP3企業を大調査!

溶射業界シェアTOP3企業の調査結果を見る

対応分野の豊富さに強みがある
企業なら
鉄鋼に強みがある
企業なら
航空機体部品に強みがある
企業なら
トーカロ 日鉄ハード
フェイシング
プラクスエア
工学
トーカロのHPキャプチャ画像
引用元:トーカロ公式
(https://www.tocalo.co.jp/)
日鉄ハードフェイシングのHPキャプチャ画像
引用元:日鉄ハードフェイシング公式
(https://www.nshard.co.jp/)
プラクスエア工学のHPキャプチャ画像
引用元:プラクスエア工学公式
(https://www.praxairsurfacetech.jp/)
創業70年以上にわたり、
多様な領域で圧倒的な実績を誇る
国内シェアNo.1企業 ※1
日製グループの表面改質メーカーとして
鉄鋼業向けロールの高機能化を実現
独自スペックの爆発溶射法により
航空機体部品への溶射に強み
取り扱う溶射技術
  • 粉末式フレーム溶射
  • 溶棒式フレーム溶射
  • 溶線式フレーム溶射
  • 高速フレーム溶射
  • アーク溶射
  • 減圧プラズマ溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • サスペンションプラズマ溶射
取り扱う溶射技術
  • 高速ガス溶射
  • 大気プラズマ溶射
  • アーク溶射
取り扱う溶射技術
  • 爆発溶射
  • 新爆発溶射(Super D-Gun)
  • 高速ガス溶射(HVOF)
  • プラズマ溶射
※1参照元:デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」(2021年12月調査時点)
※2021年12月現在、公開されている最も新しい統計資料(デジタルリサーチ「2013年版溶射市場の現状と展望」)から溶射業界の売上高シェアTOP3企業をピックアップ

溶射業界シェアTOP3の
調査結果を見る